オンライン英会話 ネイティブ

外国人へのビジネスマナー その2

空港での出迎え、ホテルでの面会については前編で述べました。

 

ここでは、海外から来られた顧客と食事をする時の
マナーについて述べます。

 

時間のかかる仕事の打合せでは、
途中でランチタイムになる時があります。 

 

食事時にどう打ち解けるかでも、
その後仕事が良い方向へ進むようになりますので
食事を一緒にすることは、相手を知る上でもとても良い機会になります。

 

大切な時間ですね。

 

 

一緒に食事するとなると、いろいろな配慮が必要になります。

 

海外の方の普段の食事習慣や好みがあります。

 

今では日本のお寿司、天ぷらはとても人気メニューですが
ナマの魚は食べないという人も多くいます。

 

お肉も鶏肉なら食べるけど豚は食べない、また牛は食べないと
言う人もいます。

 

またお肉は一切食べないというベジタリアンもいます。

 

このようなことはとても大切ですから
食事時には、これらの事を良く聞いてから
料理をオーダーすることですね。

 

ご飯が良いか、パンが良いかも聞くべき項目です。
せっかく、日本に来たので、
日本米を食べてみたいという人も中にはいます。

 

またこれらのことをあらかじめ聞いておいて、
おすすめのレストランに招待してあげると喜びます。

 

ガイドブックには載っていないような隠れ家的なレストランを
教えてあげれば喜ぶと思います。

 

一般的に言って、日本の料理は美味しいと
言ってくれるネイティブが多いですね。

 

世界で一番おいしい食材が集まるのは
東京、築地市場と言われています。

 

ビジネスマンも日本出張ではおいしいものを
食べたいと思いますね。

 

私たちが外国に行った時に食べる料理は、
塩気が強い、甘すぎるなど味付けが大味です。
盛り付けも結構乱雑です。
高級なフランス料理であれば別ですが。
オンライン英会話 ネイティブ
それに比べ日本の細やかな盛り付けや
味付けは喜ばれるのかもしれません。

 

次に食事中の話題ですが、
宗教、人種に関することは避けた方が無難です。

 

話題はあらかじめ相手が興味のあることなどを
調べておくのも有効です。

 

やはり自分の興味のあることが、
話題に上がれば話がはずみますね。

 

今は日本人も野球や、サッカーでも活躍していますので
スポーツは共通の話題になります。

 

また会話をしていて相手がどういう反応を示しているかと
考えながら話題を進めてく気配りも必要ですね。

 

時には相手を知るために、趣味やお休みの時の
過ごし方などを聞くのも良いでしょう。

 

これも相手が話しやすいように、まず自分のことを話してみるのも
良い方法です。

 

大切なことは、共通の話題を探し、
相手が楽しい食事時間が持てたというような
気分になれるような気配りがあればよいのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<<おススメのネイティブ講師のオンライン英会話スクールはこちら>>