オンライン英会話 ネイティブ 館林市

館林市は、群馬県の南東にある市で、
人口が約75,000人となっています。

 

市内には、栃木県の県境となっている
渡良瀬川や利根川が流れており、
湿地帯と台地からなっています。

 

鉄道としては、東武鉄道の伊勢崎線、
小泉線、佐野線が通っており、
便利な地域となっています。

 

また高速道路では、東北自動車道
を使う事ができます。

 

館林市の特産品には、うどんがあり、
大手製粉会社の工場や地元のうどん製造会社の工場が市内に立地しています。

 

館林市内の自然観光なら、日本の歴史公園100選に選ばれており、
季節になるとツツジが見事なつつじが岡公園、
バラの美しい東武トレジャーガーデン、白鳥が冬を越す事で有名な多々良沼、
と多彩な観光名所があり、おすすめです。

 

市内の歴史を探訪するなら、戦国時代に建てられた館林城の本丸跡と城沼、
ぶんぷく茶釜で知られている茂林寺、を見学されると良いでしょう。

 

記念館も多く、田中正造記念館や田山花袋記念文学館、向井千秋記念子ども科学館、
群馬県立館林美術館、製粉ミュージアムと見学して歩くと、時間の経つのを忘れます。

 

館林市は、オーストラリアのクイーンズランド州
にあるサンシャイン・コースト市とは、
姉妹都市となっています。

 

中学生を含む市民団体の方々は、
サンシャイン・コースト市と国際交流を行っています。

 

交流は、英語を通じてとなるでしょう。

 

英会話を習うなら、ネイティブの講師の在籍するオンライン英会話を
おすすめします。

 

ネイティブとの交流は、ネイティブの講師からレッスンを受けるのが、
良いと思うからです。

 

実際、英語がしゃべれたらいいのにといつも思います。
この気持ちは私ばかりではありませんよね。
多くの日本人が持っていると思います。

 

せめて子供には英会話のできる人間になって欲しいと
思うのですよ。
だから子供の英会話塾に通っている子の多さに、驚きますね。

 

私たちの頃は習い事というと、ほとんど水泳、ピアノ、そろばん、でした。
ほんの何人かが、英語を習っているくらいでした。
英語と言っても、勉強で英会話ではなかったようです。

 

小学校から英語を習えば、中学校で英語が
スムーズに勉強できるようにというくらいだったと思います。
私は英語に全く興味はなく、また親も英語を習わせようとは
思わなかったようです。

 

習ったのは、やはりピアノと書道でした。
ピアノと書道は好きでしたので本当に楽しかったですね。
習っていて嫌だという感覚は、ありませんでした。

 

英語は中学校でも、高校でもある程度の点数は取っていましたが、
それほど英語が好きとは思いませんでした。
高校では海外からの留学生もいたりして、英会話への興味が
ないわけではありませんでした。

 

友人の中には英会話を習っている人もいましたが、
私も習おうとは思いませんでした。

 

大学ではなんと英語を一般教養で取りませんでした。
ほとんどの人が英語を選択していましたが
私は、フランス語と中国語を選択したのです。

 

なぜフランス語と中国語かというと、英語が好きでなかったのです。
英語の代わりに取ったフランス語と中国語を一生懸命勉強したかというと、
そんなことはなく、ほとんど勉強しませんでした。

 

私は語学に対して、ほとんど興味がなかったのかもしれませんね。
友人の中に、大学のほかに語学の専門学校に行っていた人がいました。

 

テキストを見せてもらうと、かなり本格的でした。

 

英会話スクールといった感じではなく、
通訳にもなれるようなテキストでした。

 

このテキストの中に、
雑踏の中での会話を理解する練習といったようなテキストがあり、
びっくりしました。

 

私が考えていたような、習い事といった雰囲気では全くありませんでした。

 

でも、今はオンライン英会話の時代です。
いろいろ調べた結果から、良いと思うオンライン英会話をご紹介します。

 

 

 

 

 

 

<<おススメのネイティブ講師のオンライン英会話スクールはこちら>>

 

 

 

 

 

 

 

館林市    茂林寺
オンライン英会話 ネイティブ
茂林寺は、堀工町にある寺院です。本尊は、釈迦牟尼仏と言うそうです。狸の分福茶釜で有名で、狸の恩返しのおとぎ話や、伝説があります。このお寺には境内の入り口から境内に至るまで、数えきれないほど沢山の狸の像が両脇に並んでいます。また、日本各地の狸にまつわる剥製が多く展示されていますので、見学してみてください。