オンライン英会話 ネイティブ講師 神栖市

神栖市は、茨城県の南端にあり、
太平洋に面した市です。

 

人口は、約9万5千人となっています。

 

太平洋に面しているため、
イワシの漁獲量が多く、
日本では第2位を占めています。

 

市内には、東国三社のひとつである息栖神社があり、
お正月の初詣の時などは、参拝する市民で混み合います。
神栖市に行かれた時には、ぜひ参拝してみてください。

 

また寺院にも、神善寺、長照寺があります。

 

観光スポットとしては、
風力発電を行っているシーサイドパーク、波崎砂丘、
高さ50m以上ある展望台のある港公園、1000人画廊、

 

ウォーキングコースのある神之池、日川浜海水浴場、波崎海水浴場、
がありますので、見学されることをおすすめします。

 

そして神栖市の最大の特徴は、鹿島臨海工業地帯があることです。

 

火力発電所を初め、石油精製工場、その下流製品を作る化学工場、
洗剤などを製造する工場、シリコン関係を得意とする化学メーカー、

 

鉄鋼メーカー、ジェネリック製薬メーカーの工場、飼料メーカーの工場など、
日本を代表する大手企業の工場が集積しています。

 

これらの工場の社員の中には、海外との製品取引の担当となっている方も、
いると思います。

 

それらの社員の方々が、海外拠点とコミュニケーションをとる場合は、
英語によることになりますね。

 

社員の方々が英会話を習得しようとするなら、
ネイティブ講師のいるオンライン英会話(Skype英会話)をおすすめします。

 

ネイティブの英会話は、世界の企業に通じるからです。

 

ところで、私は中高年になってから、英会話を始めました。

 

英会話は、大学を卒業して以来学んでいませんので、
かなり久しぶりです。

 

最期に勉強してから、20年は経っています。
随分前だと、ちょっと驚きですね。

 

またなぜ英語を再び学びたいと思ったのか、
周りの人にとっては驚きだったでしょうね。

 

もう単語も文法もかなり忘れていますので、
中学英語から始めてみました。

 

テキストは悩んだ末に、
NHKのラジオ講座のテキストを購入しました。

 

ラジオ講座は毎日レッスンがありますので、
勉強するなら良いかなと思いました。

 

始めてみると、なかなか面白いですね。

 

とにかくテキストのすべての英会話が英語の基礎で、
学んでいてとても勉強になります。

 

また始めてみると、昔学んだ内容が蘇りました。
若い頃学んだ事は、覚えているものですね。

 

中学生レベルの文法は、なんとかなりそうでした。
勉強していると、徐々に自分の力を試してみたいと
思うようになりました。

 

中学生の時、英検を受けた事を思い出しました。
私はしかし4級しかもっていません。

 

あまり英語が好きではなかったので、
高校でも英検を受けなかったので、
4級のままです。

 

英検3級のテキストを購入し勉強してみると、
だいたい答えが合っています。

 

うれしいものですね。

 

3級は受かるだろうと思い、準2級に挑戦することにしました。
3級から準2級は、ちょっとレベルが上がります。

 

間違える問題も、出てきました。
でもなんとか、合格はしそうです。

 

検定試験を申し込んで、受けてみました。

 

当日会場に行ってみると、準2級の試験会場では高校生が多く、
中には中学生もいました。

 

私のように大分年配の方も、ちらほらいました。
やはり中年になってから、始めた方もいるようです。

 

1次試験も何とか合格し、2次試験は面接です。
面接官は、私と同年齢くらいの女の方でした。

 

何度か英語での質疑応答の後、退出しました。

 

上手く答えられたのか、間違っているのか、
あまりよく分かりませんでしたが、
結果は合格でした。

 

英検を受けてみるという目標をたてて勉強してみると、
勉強も面白いものですね。

 

今度はオンライン英会話で、ネイティブの先生からレッスンを受け、
英会話の上達を狙おうと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

<<おススメのネイティブ講師のオンライン英会話スクールはこちら>>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

神栖市    波崎砂丘
オンライン英会話 ネイティブ
波崎砂丘とは、神栖から波崎まで国道124号と並行して海沿いにある松の防風林が、15キロメートルに渡って続く海岸です。波崎砂丘は、美しい風紋を描く移動砂丘が作られていて、ハマヒルガオやスカシユリなどの美しい海浜植物を楽しむこともできます。日本の三大砂丘の一つとも、言われます。