オンライン英会話 ネイティブ 長崎市

英会話スクールを長崎市で探す前に

長崎市は、長崎県の県庁所在地で、
人口約42万人の市です。

 

三方が山に囲まれており、
湾に対してすり鉢状となっているのが、
特徴です。

 

そのため、坂の多い街として知られています。

 

特産品には、長崎ちゃんぽん、カステラ、カラスミ、
長崎ぶたまん、などがあります。

 

市内の交通機関には、JR九州の長崎本線、長崎電気軌道の路面電車があり、
市外への移動手段、市内の交通網として、市民、観光客の貴重な鉄道となっています。

 

更に、高速道路にはNEXCO西日本の長崎自動車道がありますので、
自動車での長崎市へのアクセスには便利です。

 

史跡が多く、高島秋帆旧宅、シーボルト宅跡、曲崎古墳群、
出島和蘭商館跡、小菅修船場跡、長崎台場跡魚見岳台場跡などがありますので、
長崎の歴史を学ぶためにも、訪れてみてください。

 

国宝には、大浦天主堂、崇福寺の大雄宝殿と第一峰門が指定されており、
昔の建築物の一級品をぜひご覧になって観ることをおすすめします。

 

更には重要文化財も多く、グラバー園にある旧グラバー邸、旧リンガー住宅、
旧オルト住宅や、東山手十二番館、旧羅典神学校、旧長崎税関下り松派出所、

 

旧長崎英国領事館、旧香港上海銀行長崎支店、観音寺の千手観音立像、
眼鏡橋、などがあり、これらを見学せずには旅行は終わりません。

 

長崎市の歴史を訪ねるなら、
長崎歴史文化博物館、長崎市外海歴史民俗資料館、長崎市歴史民俗資料館、
サント・ドミンゴ教会跡資料館、シーボルト記念館、長崎原爆資料館、

 

国立長崎原爆死没者追悼平和祈念館、石炭資料館、と数多くの博物館がありますので、
ぜひ、ひとつひとつの貴重な博物館に行ってみると良いでしょう。

 

重要伝統的建造物群保存地区として、東山手、南山手がありますので、
昔の長崎の街並みの雰囲気を味わうのに、訪れてみることをおすすめします。

 

祭も数多くあり、お正月の長崎ランタンフェスティバル、みなと祭り、
10月の長崎くんち、4月に開催される長崎帆船まつり、8月の精霊流し、
長崎居留地祭り、などがありますので、見学をおすすめします。

 

これらの観光名所が多い為、観光業が盛んとなっています。

 

海外から観光のために日本に訪れた外国人が長崎市を訪れたら、
必ずや、長崎市を訪れるでしょう。

 

その時、観光ガイドさんの長崎紹介は、英語を通じてとなりますね。

 

また、工業を見てみると、長崎市は財閥系の造船所と電機メーカー
の企業城下町となっています。

 

社員の中には、海外ビジネス担当の方がいると思います。

 

そのような観光ガイドの方や海外ビジネス担当の社員が、
英会話を習うのであれば、オンライン英会話をおすすめします。

 

長崎市内のどこにいても、英会話レッスンができるからです。

 

ところで、英語を勉強すれば、
誰でも本当に英語の達人になれるのでしょうか。

 

小さな頃は誰もが勉強や運動をすると、
勉強ができるようになり、運動もできるようになると思いがちです。

 

そんなことは、ありませんね。
運動で考えてみると、良く分かります。

 

運動神経のある人とない人では、
何をしてもこんなに違うものかと驚かされます。

 

運動神経の良い人と言うのは、
運動全般何でもすぐに起用にこなします。

 

小学生の頃なら、ドッチボールを良くしました。
運動神経の良い子はボールをすっと受けては、
すぐさま相手めがけて投げ返します。

 

でも運動神経の悪い子は、当てられっぱなしです。
ボールを、受け取ることなどできません。
必死に逃げ回っているだけになります。

 

その他、鉄棒、マット運動など、
すべてに違いが出てきてしまいます。

 

音楽でも、そうですね。

 

音痴の人は、どんなに練習しても上手にはなりません。
音程が、外れているのです。

 

上手な人は、何を歌っても上手です。
一度聞いた歌を、すぐに同じように歌うことができます。

 

運動には運動神経の良い人、
音楽には上手な人、音痴の人がいるのです。

 

このように、語学にも語学音痴がいるのです。

 

考えてみれば、当たり前のことなのです。
何でも誰もが同じようにできるという事は、ありません。

 

単語を覚えても、さっぱりわからない人がいます。
後から後から忘れてしまって、覚えられないのです。

 

文法が、さっぱりわからない人もいます。
どうしてこうなるのかを教えても、さっぱり頭に入らないのです。

 

でも、頭が悪いというわけではないのです。

 

運動神経が悪いから、頭が悪いというわけではありませんよね。
音痴だから、勉強ができないという人も少ないです。

 

ある分野が苦手、という事だけです。

 

ではどうしたら良いのでしょう、と言う声が聞えてきます。

 

「自分が、楽しめば良いのです。」と思います。

 

運動神経が悪くても、運動を楽しんでいる人は大勢います。
誰もが、オリンピックを目指す必要はありません。

 

音楽も楽しめれば、それで良いのです。
カラオケでも、音痴でも良いではありませんか。
楽しく歌を歌えば、良いのです。

 

英会話も、同じです
自分のペースで、楽しんでください。
通訳になるわけでもなく、ビジネスにも使わないのでしたら、
なおさら楽しめば良いと思います。

 

出来ない、出来ない、と思いながら英会話を勉強していると、
本当に英会話ができない人になってしまいますよ。

 

でも、オンライン英会話で、ネイティブの先生に英会話を習うと、
英会話ができるようになるから不思議です。

 

 

 

 

 

 

 

 

<<おススメのオンライン英会話はこちら>>

 

 

 

 

 

 

 

 

長崎  グラバー邸
オンライン英会話 ネイティブ
スコットランドから渡来した貿易商であり、グラバー商会を設立したトーマス・ブレーク・グラバーが、1863年南山手の丘に住まいを建設しました。当時の長崎の街は、日本の新しい夜明けを夢見る人々の熱気であふれていました。
昭和32年、三菱重工業株式会社長崎造船所の創業100年祭の記念行事の一つとして、グラバー邸の建物、庭園を同社から寄贈を受け、一部を改修して、昭和33年に市営の観光施設としてオープンしました。
昭和26年、主屋・附属屋が、国の重要文化財に指定されました。

 

 

 

 

 

 

 

長崎市内の英会話スクールを徹底比較してみました

 

長崎市の街では、多くの英会話スクールが営業をしています。
各スクール共に、アメリカ、カナダ、イギリス出身などの
ネイティブ講師がレッスンを担当しています。

 

オンライン英会話には、フィリピン人講師系とネイティブ講師系がありますが、
フィリピン人講師系のオンライン英会話は、格安をセールスポイントにしています。

 

そこで、条件を同じにするためにネイティブ講師系のオンライン英会話と、
街にある英会話スクールを比較してみましょう。

 

比較は、レッスン料金、レッスンの受け易さ、英会話講師の選びやすさ、
について行ってみました。

 

街の英会話スクールは、
「長崎市 英会話」をキーワードにしてインターネット検索を行い、
全国展開しているEスクールとZスクール、地元密着型のRスクールを
選んでみました。

 

できるだけ長崎市を代表するような英会話スクールを選ぶように、
心掛けたつもりです。

 

オンライン英会話の方は、
「オンライン英会話 ネイティブ」をキーワードにして検索し、
1ページ目に表示されたスクールから選びました。

 

レッスン料金

 

通常、英会話スクールではグループレッスンとマンツーマンレッスンを
行っていますので、両料金を調べてみました。

 

グループレッスンの料金
Eスクール:
週1回の日常英会話コースは、1レッスン50分で12ヵ月の料金が、133,056円です。
ということは、1レッスンが2,772円です。
その他に、入学金が32,400円、システム管理費が月額864円かかります。

 

ここで注意しなければならないのは、12月間の契約であることです。
通常は入会時に一括払いですが、よくある質問をみますと分割払いもある様です。

 

更に、オリジナルテキストを使っていますので、
入学時に購入が必要となります。

 

Zスクール:
マンツーマン専門のスクールでした。

 

Rスクール:
1レッスン60分で大人の日常会話クラス(2〜4人)で、2,000円。
50分に換算すると、1,666円となります

 

まとめてみると、50分のレッスン料金は、1,666円〜2,772円となりました。

 

一方、オンライン英会話でグループレッスンを行っているスクールの料金を見ると、
4人の25分間グループレッスンで344円というスクールがありました。

 

入学金は0円で月謝制であり、市販のテキスト代(3,000円程度)がかかります。
このオンライン英会話のレッスン料金は、「こちら」から確認できます。

 

1レッスン50分に換算するとレッスン料金は、688円となりました。

 

 

マンツーマンレッスンの料金
Eスクール:
回数契約となっており、40分レッスンで1〜29回契約なら1レッスン8,640円、
96回以上契約なら1レッスンで、7,992円です。

 

Zスクール:
平日の昼間のお得な40分日常英会話コースで、160回で617,803円、
1レッスン当たり3,862円です。

 

32回なら158,112円となり、1レッスン当たり4,941円となります。
50分レッスンに換算すると、6,176円です。

 

Rスクール:
大人の日常英会話の60分マンツーマンレッスンで、3,500円です。
50分換算すると、レッスン料金は2,917円となります。

 

この結果、50分のレッスン料金は、2,917円〜6,176円となります。

 

一方、「こちら」のオンライン英会話のマンツーマンの25分レッスンは、
961円です。

 

2レッスンを受けて、50分レッスンを受けたとすると、1,922円となります。

 

 

レッスンの受け易さ

 

このレッスンの受け易さの中には、通学時間の問題とレッスンのできる時間帯
の問題があります。

 

通学時間については、街の英会話スクールでは通学に時間がかかり、
費用もかさむという事情があります。

 

これは、地方に行けば行くほど、英会話スクールに行くまでの時間がかかり、
大きな負担となってきます。

 

オンライン英会話なら、インターネットさえつながっていれば、
自宅にいても、会社であってもレッスンを受けることができます。

 

次にレッスンのできる時間帯ですが、
E英会話スクールでは、平日の最終レッスン開始時間は20:00、
土曜日は18:00となっています。

 

オンライン英会話なら早朝5:00から深夜の1:00まで、
レッスンを受けることができるスクールが多く、
24時間レッスンのできるスクールがあるほどです。

 

 

英会話講師の選びやすさ

 

街の英会話スクールでは、ほとんどが担任制を採っています。
自分に合わないネイティブ講師も中にはいると思うのですが、
やむを得ない話です。

 

ネイティブ講師と日本人講師のいずれかを選ぶ事は、できるようです。

 

一方、オンライン英会話の方は、ネイティブ講師の人数が多いので、
いろいろな講師のレッスンを受けてみることができます。

 

日本在住で日本語をある程度話せるネイティブ講師から、
海外在住のネイティブ講師まで揃っています。

 

自分のレベルや相性が合いそうな講師を見つけたら、
続けてレッスンを受けることができるシステムになっています。

 

 

まとめ

 

オンライン英会話は、長崎市の街にある英会話スクールと比較すると、
グループレッスンの料金が25%〜41%、
マンツーマンレッスンの料金が31%〜66%、
となりました。

 

レッスンの受け易さ、英会話講師の選びやすさ、から見ても、
オンライン英会話の方が良さそうですね。

 

ただし、街の英会話スクールは、
ネイティブ講師が直接生徒と会って英会話レッスンができる、
というメリットがあります。

 

オンライン英会話の場合には、講師を見ながらのレッスンといっても、
パソコンやスマホを通じてとなります。

 

自分に合った英会話スクールを、選んでくださいね。