オンライン会話 ネイティブ講師 稲敷市

稲敷市は、茨城県の南側にある
人口約4万人の市です。

 

市内には、利根川、破竹川、
新利根川が流れ、霞ケ浦に
面している自然豊かな街なのです。

 

農業が盛んで、稲作は無論のこと、
レンコン、イチジク、カボチャ、ブロッコリー、
が特産品となっていますので、新鮮な野菜を購入してみましょう。

 

きっと、美味しい料理を食べることができると思います。

 

鉄道が無いので、バスが交通機関の中心となっています。
高速道路として首都圏中央連絡自動車道が通っていますので、
自動車での観光には便利です。

 

稲敷市内の神社には、倭大物主櫛甕玉命を主祭神とする大杉神社
があります。

 

立派な拝殿があることから、茨城の日光東照宮とも呼ばれており、
初詣を初めとして一年を通じての行事の際には参拝客が絶えませんので、
ぜひ参拝してみてください。

 

また、阿弥陀如来立像を本尊とする大念寺も立派な本堂となっており、
稲敷市に行った折には、ご覧になってみると良いでしょう。

 

市内のレジャー施設には、
ゴーカートやスワンボートのあるこもれび森のイバライド、
重要文化財となっている横利根こう門のある横利根閘門ふれあい公園、

 

大利根東公園、和田公園がありますので、
家族連れで楽しまれることを特におすすめします。

 

稲敷市はカナダのブリティッシュコロンビア州にあるサーモンアーム市とは、
姉妹都市として提携しています。

 

サーモンアーム市の市民の皆さんが、国際親善のために稲敷市を訪れた際は、
市役所の係の方と、市民の皆さんが市内案内をする事になりますね。

 

市内案内は、英語を通じてとなるでしょう。

 

市役所や市民の方が、英会話を習得しようとするなら、
ネイティブの先生のいるオンライン英会話をおすすめします。

 

ネイティブとの会話は、ネイティブの先生のレッスンを受けるのが、
一番良いと思うからです。

 

ところで、英会話を始めたばかりは、
誰でも同じと思いますが、何から始めたら良いのかと焦ってしまいます。

 

私も経験しているので、この気持ちが良く分かります。

 

英会話を話せるようになりたいという大きな目標の前に、
自分が何もできていないなあという不安から、
気ばかり焦ってしまいます。

 

英語の勉強全部が中途半端になっているようで、
何を最初に始めたら良いのか、分からなくなってしまいます。

 

気ばかり焦って、何もできない。

 

このような声を聞くと、英会話を始めた頃に、
自分にそっくりなので良く分かります。

 

いきなり英会話教室に行っても、
ネイティブ講師の言っていることがほとんど分からない。
単語もあまりわからない。

 

焦る気持ちが、良く分かります。

 

英会話教室は、少し勉強してから行っても遅くはありません。

 

いきなり入会してネイティブ講師の言う事が全く分からなければ、
効果があるとは思えませんので、
ちょっと勉強してから行くのが良いと思います。

 

人によってはショック療法で全く分からないと、必要に迫られるから覚える、
というような留学と同じような方法が良いという人もいますから、
自分の良い方を選ぶといいですね。

 

英会話を学び始めた時に落ち込むのも、
自分だけがこんなにできないのだと思うからです。

 

車の運転と思えば、良いのです。
誰も、最初は乗れません。
でも練習すれば、必ずだれも運転できます。

 

あまり最初からスピードを出さないでゆっくりと、
長く続けることを考えるのがいいかなと思います。

 

何を始めたら良いかなと迷う時は、
「自分のやりたこと」から始めるのが良いと思います。

 

私は、映画を字幕スーパー無しで見たいと思いましたので、
洋画のDVDを購入し見ました。

 

何度も繰り返し見るのです。
何度も聞いているうちに言っているネイティブのセリフが、
聞き取れるようになるのです。

 

なかでもアメリカTVドラマ「LOST」は、
セリフを覚えるほど繰り返し見ました。

 

マシュー・フォックスがかっこ良くて、
何度見ても飽きませんでした。

 

言葉は考えて話すものではなく、
ネイティブの言い回しを覚えることだと思います。

 

映画を繰り返し見るのは効果的だと思いますね。

 

そして、分からなかった英語表現は、
オンライン英会話のネイティブ講師に聞いてみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

<<おススメのネイティブ講師のオンライン英会話スクールはこちら>>

  

 

 

 

 

 

 

 

 

稲敷市    ポティロンの森(江戸崎農業公園)
オンライン英会話 ネイティブ
ポティロンの森は、稲敷市にある季節の野菜の収穫体験や、さまざまな動物とのふれあいができるテーマパークです。「ポティロン」とは、フランス語でかぼちゃを意味し、稲敷市の名産物であるかぼちゃをフランス語にしたもので、正式名称は「江戸崎農業公園ポティロンの森」です。パンやソーセージ、バターの手作り体験教室などもあるほか、親子で遊べる遊具施設もあり、さまざまなイベントを開催しています。