英会話 東松山

オンライン英会話をおすすめします

 

東松山市は、埼玉県の中央にある市です。
人口は、約92,000人となっています。

 

かつては、交通の要衝として松山城の
城下町として発展しました。

 

特産物に、ナシや、味噌だれのやきとり、
があり、日本三大焼き鳥の街と言われているくらいです。

 

東松山市内には、東部鉄道の東部東上本線が通っており、
東京の池袋との交通の便が確保されています。

 

市内には、大東文化大学の緑キャンパス、東松山キャンパスや、
東京電機大学、山村学園短期大学、武蔵丘短期大学があり、
学生の街にもなっています。

 

市内の史跡には、国の史跡となっている大谷瓦窯跡を初め、
県の史跡となっている高坂館跡、青島城があります。

 

東松山市の観光スポットには、
牡丹の名所となっている牡丹園のある箭弓稲荷神社、
同じく牡丹の名所である東松山ぼたん園、
ツツジの名所である物見山、埼玉県こども動物自然公園、
がありますので、見学してみてください。

 

また、その他の訪ねてみたい施設として、
埼玉県平和資料館、原爆の図丸木美術館、
高坂彫刻プロムナードがあります。

 

市内には、外資系の自動車会社や、
大手タイヤメーカーなどが有ります。

 

会社員の中には、海外拠点との情報交換の部署に所属されている方が、
いると思います。

 

情報交換は英語を通じてとなるでしょう。

 

英会話が必要でしたら、オンライン英会話での学習をおすすめします。

 

オンライン英会話なら、社内にいても海外出張時でも、
英会話レッスンができるからです。

 

ところで、日本人は、どうしても自分を表現することが苦手ですね。

 

特に自分を売り込むことが、下手です。
またそういう人を、好ましく思われません。

 

日本には謙遜という言葉があるように、
どちらかというと控えめにあまり目立たないことが、
美徳ともされてきました。

 

こういう社会の中で育ってきた私達は、
自分に自信がありません。

 

自分を出す教育を、されていないのです。
その割には、恥をかくことを恐れています。

 

こういうことは、英語教育の中でも現れます。

 

英会話スクールでもグループレッスンなどでは、
自分の英語がネイティブに通じるか自信がないと思うと、
なかなか人前で表現することができません。

 

私も英会話スクールでグループレッスンをしましたが、
積極的な人は、あまりいませんでした。

 

特に一人だけいるとその人がほとんど発言するようになり、
あまり楽しくなくなったりしました。

 

私たちは、恥ずかしいという気持ちがありすぎるのですね。

 

人前で間違っても恥ずかしくないという気持ちを、
持つことが大切ですね。

 

でもこれは日本人の特性にもなってしまっていますから、
簡単には直りませんね。

 

世界各国の優秀な代表団が来て議論する国際会議の場で、
有能な司会者は、
「インド人を黙らせて、日本人をしゃべらせることができる人」
だそうです。

 

国際会議に出るような優秀な日本人でも、
なかなか発言しないという定説があるようですから、
凡人の私たちが勇気をもって話すことは難しいですね。

 

でもこれも訓練によって、少しは改善すると思います。

 

日本人ばかりの中にいるのではなく、
海外の人と交流することで積極的になると思います。

 

語学はとにかく話すことによって、上達していきます。
恥ずかしいと言っているようでは、だめですね。

 

英会話スクールの先生も間違いを恐れず
どんどん話をしていく人は上達が早いと言います。

 

英会話の上達はこの恥ずかしいという気持ちを、
どう克服していくかの戦いと言ってもいいでしょう。

 

また恥ずかしい気持ちを持たないと同じくらい、
他の人の間違いも笑わないという事です。

 

まずは、オンライン英会話のネイティブの講師の前で、
積極的に発言する訓練をしてみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

<<おススメのネイティブ講師のオンライン英会話スクールはこちら>>

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東松山市   こども動物自然公園

 

 オンライン英会話 ネイティブ

こども動物自然公園は、東松山市にある埼玉県立の動物園です。 コアラも見られますし、世界最大のフンボルトペンギン園や、冬場におけるカピバラの露天風呂も有名です。一部の動物は放し飼いにされており、ふれあい広場では、動物にさわることが出来ます。1年中、何かのイベントがあり楽しめるようになっています。敷地内には『国際児童記念館』(こどもの城)、ピーターラビットなどの絵本の資料館『ビアトリクス・ポター資料館』などもあり、子供連れの家族でにぎわいます。