オンライン英会話 ネイティブ講師 蓮田市

蓮田市は、埼玉県の東寄りにある
人口約6万2千人の市です。

 

市内には、元荒川、綾瀬川
などが流れており、自然の残った
街となっています。

 

湖沼も多く、黒浜沼、西城沼、
東城沼、山ノ神沼が点在している
地域となっています。

 

また、特産品として、幸水や長十郎のナシが挙げられます。

 

蓮田市は、さいたま市、上尾市、久喜市、白岡市、桶川市、
に囲まれた市となっています。

 

市内には、JR東日本の東北本線が走っており、
首都圏への市民の大切な交通網となっています。

 

蓮田市内には、縄文時代の貝塚で国の史跡に指定されている黒浜貝塚や、
関山貝塚があり、古代の事に関心のある方には、貴重な場所となっています。

 

また観光名所として、埼玉県に史跡として指定されている江ヶ崎城址、
西城沼公園、芥川龍之介自撰自筆の碑、蓮田市文化財展示館、
がありますので、ぜひ見学してみてください。

 

また祭にも、4月のさくらまつり、8月のはすだ市民まつり、
コスモスまつり、がありますので、参加されることをおすすめします。

 

一方、蓮田市内には、蓮田松韻高等学校を初めとして、
5つの中学校、8つの小学校があります。

 

現在、学校では英語の授業の充実強化が図られています。

 

今の子供達に将来、世界に羽ばたいてもらいたい気持ちの現れでしょう。

 

このような環境にあって、生徒達の中には、
ネイティブの先生からマンツーマンの英会話レッスンを
受けてみたいと希望する生徒もいるのです。

 

そのような生徒達には、ネイティブの先生のいるオンライン英会話を
おすすめします。

 

レッスン料金が安く、自宅でレッスンができるので、
子供達に適していると思うからです。

 

さて、英会話を習い始めた頃の、
ネイティブの先生のアドバイスを紹介してみます。

 

英会話も始めたころは、興味があって、
練習も楽しくレッスンしていました。

 

通学式のクラスでしたので同じようなレベルの人の集まりで、
帰りにはちょっとおしゃべりもしていました。

 

お互いの勉強方法や目的やお話ができるようになったら良いですね、
と言った夢などを話していました。

 

でもそれもある期間を過ぎると、
誰もが中だるみ状態になってきました。

 

ちょっとお休みも多くなり、やめる気配の人も出てきました。

 

そんな様子を見たネイティブの先生が、アドバイスをくれました。

 

私たちは日常会話をマスターするクラスでしたので、
普段の生活での一般的な会話を学んでいました。

 

それほど外国人と話す機会のない私達は、
英会話を学ぶ楽しさから離れてしまっているのです。

 

そこで先生は、もっと身近な英会話を学んでみたらと、
アドバイスをくれました。

 

つまり英会話を習い始めた時の動機は、
何だったのでしょうかという事ですね。

 

海外旅行に行くための英会話なのか、
映画を楽しみたいための英語なのかというように、
目的に合った勉強方法をしてみましょうという事でした。

 

私は海外旅行のために、
英会話が出来ればいいなと思っていました。

 

そこでもっと海外旅行のための、
実践的な勉強をすることにしました。

 

海外旅行のための英会話の本を、購入しました。

 

海外の飛行機であれば機内の中は英語アナウンスとなりますから、
既に英語が始まります。

 

出発するための機長のアナウンスが、流れます。

 

今までは漠然と聞いていましたが、
テキストを購入してCDを聞いてみると、言っている内容が分かりました。

 

また旅行先での現地でのショッピングでも、
より実践的なすぐに使える英会話を学ぶようにしました。

 

またネイティブ講師は、とにかく学んだ英語は使わなければ上達しません、
とよくアドバイスしてくれました。

 

海外も何度も行くと言う訳にはいきませんが、
近場であれば3,4日で行けるところがあります。

 

日々節約を心がければお金もたまりますので、
何度かいきました。

 

やはり英会話を使うためのレッスンですから
海外に行くというのはモチベーションの維持には
不可欠ですね。

 

そして、オンライン英会話でレッスンを継続することが大切ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

<<おススメのネイティブ講師のオンライン英会話スクールはこちら>>

  

 

 

 

 

 

 

蓮田市 広報大使に「にゃんたぶぅ」
オンライン英会話 ネイティブ
メンバーは、たくまん、さとぴぃ、のんたん、しぃたぁ、もりちぃの5人で地球環境のたいせつさを、歌と踊りとお話で表現するファミリーエコユニットで、平成24年4月に「はすだ広報大使」に任命されました。蓮田市の魅力を、多くの人にPRしています。また、埼玉県では「勝手に埼玉応援隊」として、活躍しています。子どもからお年寄りまでに、人気があります。