オンライン英会話 ネイティブ 桶川市

桶川市は、埼玉県のおおよそ中心付近
に位置しており、
人口は約7万4千人となっています。

 

市内には、荒川、鴨川、綾瀬川、
桜のきれいな赤堀川、芝川など
が流れています。

 

江戸時代に中山道六十九次の桶川宿として発展しました。

 

そのため桶川市内には、桶川稲荷神社、氷川天満神社などの
歴史を持つ神社があり、地元の人々の信仰を集めています。。

 

桶川宿の時代に流行ったべに花を復活させるために、
6月にはべに花まつりがあり、べに花摘み取り園、べに花ふるさと館、
を造り、べに花の良さを知ってもらう取り組みを地元ではしています。

 

また寺院でも、
国の重要文化財となっている木造阿弥陀如来坐像のある泉福寺、
明星院などがあります。

 

さらに昔にさかのぼった古代にも栄えた遺跡が、
出土品が国の重要文化財となっている熊野神社古墳、
原山古墳群、高井東遺跡、高井遺跡住居跡、後谷遺跡、
に見ることができます。

 

市内には、砥石製造販売会社、電気機器メンテナンス会社、
出版物商社などが立地しています。

 

社員の中には、海外販売の業務に関わっている方が、
いると思います。

 

海外との意思伝達は、英語を通じてとなりますね。

 

英会話を習うなら、
オンライン英会話をおすすめします。

 

桶川市内のどこにいても、英会話レッスンができるからです。

 

桶川市内にも英会話のための英会話スクール、
塾などはたくさんあります。

 

そのうたい文句も、いろいろです。

 

たのしく英会話を学ぼうというようなものから、
半年で話せるようになるマスターコース。
あるいは1月の速習コースまであります。

 

中には2週間で話せるようになる特訓コース
というようなものまであり、驚きです。

 

英語を話せるようになりたい、できれば簡単に、早く、安くなどと思っている私も、
こんな言葉に惹かれてしまいます。

 

こんなに早く話せるようになれると思ったら、
いやがうえにも飛びつきたくなりますね。

 

おおよその講座では、
マスターする期間が短期間であればあるほど講座数が多くなり、
高額になっています。

 

1週間に1回勉強するところを3回に増やし、
マスター期間を3分の1にするという考えです。

 

話せるようになりたいと思っている私は、
お金をかければ早く話せるようになるのね、
などとますます惹かれてしまいます。

 

でもここに、大きな勘違いが潜んでいます。
学習塾と、同じです。

 

そのスクールこ入れば、お金を出せば、
何となく話せるようになると錯覚しています。

 

本当は話せるようになれるのは、
本人の勉強次第なのです。

 

テキストを、徹底的に勉強しなければなりません。

 

的確なテキストに的確な指導者のスパルタ式指導のもと、
本人の必死な勉強があって、
はじめて短期間でマスターできるのです。

 

今まで話せなかったことを話せるようにするには、
日常の単語はもちろん、
ビジネスで使うのであれば専門分野の単語、
基本フレーズ、文法など、たくさん勉強しなければなりません。

 

これを短期間のうちにマスターするのですから、
相当の勉強量が必要です。

 

一ヵ月でマスターするのなら、かなりの覚悟が必要です。
2週間というのであれば、
生活の中でほとんどが英語漬けと言ったことになる必死さであると思います。

 

勉強するのは、私だという事です。

 

でもこれを分かっている人は、多くいません。
実は私も、その一人でした。

 

今では本人の勉強意欲がなければ、
オンライン英会話で習っても、
上達は出来ないと分かっています。
オンライン英会話 ネイティブ
自分でテキストの勉強をコツコツと毎日して、
オンライン英会話で定期的にネイティブ講師の
指導を受けています。

 

でも英語以外では、
やはり人任せのところもまだまだあります。

 

ダイエットのためにジムに通っているのですが、
他の人が大汗をかいて頑張っているのに、
私はジムに来ることで、
もうダイエットの気分になってしまっています。

 

人任せの性格は、直らないようですね。

 

でも、オンライン英会話だけは続ける覚悟です。

 

 

 

 

 

 

 

<<おススメのネイティブ講師のオンライン英会話スクールはこちら>>

  

 

 

 

 

 

 

 

桶川市   べに花ふるさと館

 

べに花ふるさと館は、加納の古い農家であった廿楽家の住宅を、市が当時の景観を残しつつ改装した建物です。周辺では、6月下旬から7月上旬にかけて、紅花が見ごろとなりなります。年間を通じ、ふるさと祭りやフリーマーケットなど、様々な イベントも開催されます。 館内の大広間は開放されて、うどんや蕎麦を食べる客席となっていて、土間も一部はみやげ物や特産品が並べられています。