オンライン英会話 ネイティブ 匝瑳市

匝瑳市は、千葉県の九十九里浜
に面した市です。

 

人口は、約3万6千人となっています。

 

匝瑳市は、植木の産地として全国的に
知られており、栽培面積は日本一です。

 

匝瑳市内には、JR東日本の総武本線が通っており、
市民の重要な交通機関となっています。

 

市内の名所には、
香取神宮との関係から阿佐比古命を主祭神とする老尾神社や、
寺院には、かつては僧侶の学問所で飯高檀林と呼ばれた日蓮宗の飯高寺、

 

印旛沼の伝説を持つ龍尾寺、長福寺、長徳寺、
があり、一度は訪れてみたい場所となっています。

 

その他にも、都市と農村の交流の場となっているふれあいパーク八日市場、
此木三紅大のコレクションを展示した松山庭園美術館、
須賀ハリストス正教会がありますので、ぜひ訪ねてみてください。

 

市内の祭には、
小高のはだか参り、よかっぺ祭り、八日市場の盆踊り、八重垣神社祇園祭、
そして県指定無形民俗文化財となっている仁組獅子舞があり、

 

祭の当日には賑わいますので、ぜひ見学をおすすめします。

 

これらの名所や祭りには、
きっと海外から来た外国人も見学に訪れるでしょう。

 

案内をする方は、英語での説明となりますね。

 

英会話を勉強するのでしたら、スカイプ英会話、オンライン英会話で、
ネイティブの講師のいるスクールをおすすめします。

 

ネイティブの英語は、世界共通の英語となっているからです。

 

ところで、習い事でもなんでも、
初めての時のことはよく覚えていますね。

 

学んだ英語のフレーズが初めて自然に出たときのことは、
良く覚えています。

 

私も社会人になってから英会話を始めたので、
かなり遅い方でした。

 

あるテキストを音読中心に、勉強していました。
英語の神様と言われている、國広先生の教えです。

 

私もこの音読が一番いいと思い、実践していました。
簡単な短文を、毎日毎日音読していきます。

 

始めはつまりながらの音読ですが、
やがてすらすらと読めるようになります。
その内、覚えてしまいます。

 

私もあるお話を、毎日読んでいました。
そんな冬のある日、朝、窓から外を見ていると雪が降っていました。
なるほど、寒かったはずでした。

 

すると自然と私の口から、
It's snowing.
と出たのです。

 

今音読しているところのフレーズでした。
英会話初心者の私には、自分でもびっくりでした。

 

いきなり、口から出るものなのですね。

 

中級、上級者には笑われるようなことだと思いますが、
全く英会話と関係ないところにいた私には、驚きでした。

 

英語が自然と口から出ることが、大切なのです。
考えてからの言葉では、会話になりません。

 

英語は瞬発力だと言いますが、
これは音読しないと見につかないと思います。

 

それからは、音読もさらに熱心にするようになりました。

 

いくつもの短文を毎日音読していると、
自然と英会話が身についていくようです。

 

英会話スクールのテキストなども勉強しながら、
別の音読読本を毎日読むようにしています。

 

音読は、CDなどで音声のついているものがいいですね。
その場の雰囲気や、CDに入っている声を覚えてしまうくらい聞くと、
効果があると思います。

 

私もこの
It's snowing.
というのは、主人公が窓の外から降る雪を見て、
ちょっと悲しげに言っている言葉でした。

 

私もその主人公になりきったかの如く、
It's snowing.
という言葉が出たのです。

 

今はちょっと長めの文を丸暗記のように、
音読の毎日です。

 

きっとこの中のいくつものフレーズが、
これから先も毎日の会話の中で使われることになると思います。

 

単語を替えれば、日常生活に使えるフレーズばかりです。

 

覚えたフレーズを忘れないように、
オンライン英会話でレッスンしています。

 

ネイティブの先生のアドバイスも、
とても参考になりますよ。

 

 

 

 

 

 

 

<<おススメのネイティブ講師のオンライン英会話スクールはこちら>>

  

 

 

 

 

 

 

 

匝瑳市    老尾神社
オンライン英会話 ネイティブ
歴史は古く、社伝によれば紀元前の造られたと伝えられています。1369年に社殿を焼失してしまいましたが、千葉氏によって再建されました。社殿背後には、大杉があります。匝瑳市指定天然記念物で、樹齢は推定約800年とされています。一度、ぜひ見学してみてください。