英会話 小田原市

小田原市は、神奈川県の西側にあり、
相模湾に面した人口約19万人の市です。

 

戦国時代には、北条氏の城下町として、
栄えました。

 

特産品には、蒲鉾、小田原提灯、ウメ、
魚のアブラボウズなどがあります。

 

漁業では、アブラボウズの他にも、スミヤキなどの魚が獲れるため盛んであり、
小田原漁港を初め、米神漁港、江之浦漁港、石橋漁港があり、
魚を原料にした水産加工品も作られています。

 

観光名所としては、小田原城が造り直されて残っている小田原城址公園、
国の史跡となっている笠懸山の石垣山一夜城歴史公園、石橋山古戦場跡、
国府津山寶金剛寺、山縣有朋の別邸であった古稀庵、二宮尊徳生家、
黒田長成侯爵の別邸であった清閑亭、などがあります。

 

また、小田原市の事を詳しく知りたいのであれば、
鈴廣かまぼこ博物館、小田原街かど博物館、小田原さかなセンター、
を訪ねてみては、いかがでしょう。

 

市内には、トイレタリー用品メーカー、製薬会社、情報通信機器メーカー、
プラスチック管財メーカー、精密化学メーカー、化粧品会社、
などの多くの工場群があります。

 

これらの工場に勤務する社員の中には、海外販売の担当になっている方も、
いると思います。

 

海外取引での交渉は、英語となりますね。

 

このような社員の方々が英会話を習うのであれば、
オンライン英会話をおすすめします。

 

小田原市内のどこに居ても、英会話レッスンができるからです。

 

ところで英会話は、習い事では常にトップ3に入っています。
子供のお稽古事でも、水泳に次いで人気です。

 

また親から子供に習わせたいお稽古事では、
英会話がトップになるようです。

 

大人の英会話は、ネイティブとのビジネスにも使う人がいるかもしれません。

 

英会話はあまり使うことはないけど、
話せるようになりたいという思いですね。

 

子供自身の英会話を習いたいという事もありますが、
親が、自分が話せないので、
「子供には話せるようになって欲しい」
という希望があると思います。

 

でも英会話って、そんなに簡単にはマスターできません。

 

ネイティブの会話を聞き流すだけで英会話ができるようになる、
1日10分勉強するだけ、
英会話スクールに行けばネイティブと話せるようになる、

 

と言った事を聞きますが、
これではなかなかマスターできません。

 

英会話を本当にできるようになるには、
相当の覚悟と勉強が必要です。

 

聞き流すだけ、1日10分というのは
幻想であると思った方が良いと思います。

 

毎日最低でも1時間以上の勉強は、必要です。
単語も必要な単語は必ず覚え、
知らなかった単語は、単語帳を作り覚える努力が必要です。

 

習い事は何でもはじめは頑張るのですが、
だんだんとモチベーションが下がっていきます。

 

これは、誰も同じです。
ここで辞めてしまうか、ここから頑張るかで、
差がついてきてしまいます。

 

聞き流すだけで話せるようになる、
1日10分勉強するだけ、
英会話スクールに行けば話せるようになる、

 

というのを信じて始めた人は、
ぜんぜん話せない自分にがっかりして、
辞めてしまいがちです。

 

この聞き流すだけ、英会話スクールに行けば話せるようになる、
という幻想を捨てましょう。

 

地道な勉強が、必要なのです。

 

きちんとこつこつ勉強しなければマスターできないと分かれば、
またモチベーションが上がると思います。

 

英会話の達人、TOEIC高得点者に聞くと、
かなりの勉強をしています。

 

また共通して、
「簡単にネイティブと英会話ができると幻想を抱きすぎている」
と言います。

 

やはり皆さん、相当の勉強をして英会話のマスターや、
TOEICの高得点を取っています。

 

1日に最低でも2時間以上、
休日は朝から晩まで、勉強したという人もいます。

 

コツコツと勉強しなければ、マスターは出来ないのです。

 

そこまでは勉強できなくとも、
やはりかなりの勉強が必要であることは分かりますね。

 

勉強も大変と思っていると進みませんが、
ネイティブと楽しんでみるといった心の持ち様で、
気分が楽になります。

 

簡単にマスターできるという幻想を捨てて、
コツコツと頑張りましょう。

 

長続きさせるには、
オンライン英会話でレッスンを受けるのも1つの手段です。

 

 

 

 

 

 

<<おススメのオンライン英会話はこちら>>

 

 

 

 

 

 

 

小田原   小田原城
オンライン英会話 ネイティブ
小田原城は、平安時代末期、相模国の豪族土肥氏一族である小早川遠平の住まいであったと言われています。室町時代に大森氏が山城を築きました。その後は北条氏の本拠地・居城として有名です。現在城跡は国の史跡に指定されています。天守閣は、昭和35年(1960)5月に、市制20周年の記念事業として復興ました。古文書、絵図、武具、刀剣などの歴史資料が展示されています。