ネイティブ講師 オンライン英会話 静岡市

英会話スクールを静岡市で探す前に

静岡市は静岡県の県庁所在地で、
人口は約70万人となっています。

 

特産品として、緑茶、ワサビ、
石垣イチゴ、桜エビ、温州ミカン、
などがあります。

 

静岡市を旅行すると、
風景の中に茶畑やミカン畑が見えますので、
売店でお土産に買うと良いでしょう。

 

静岡市内には、
特別史跡となっている登呂遺跡を初め、
国宝「久能寺経」のある鉄舟寺、仁王門が国の重要文化財となっている霊山寺、
富士の絶景を望むことができる龍華寺、祭神が日本武尊である草薙神社、

 

羽衣の松より続く参道のある御穂神社、国の史跡となっている清見寺、
徳川家康が造ったとされる静岡浅間神社、国の名勝となっている庭園のある吐月峰柴屋寺、
と歴史的建造物がありますので、ゆっくりと見学されると良いでしょう。

 

また、観光名所には、
三保の松原を初め、観光地百選のひとつである日本平、

 

竜爪山、賤機山、浜石岳、満観峠、薩?峠、大谷崩、
と海と山の景勝地が数多くあります。

 

静岡市を観光されるのでしたら、
これらの景勝地を必ずや訪問されることをおすすめします。

 

日本に観光に来日した外国人も、
静岡県を訪れたら、これらの観光名所をきっと訪れるでしょう。

 

観光案内のガイドさんは、英語での説明となるでしょう。

 

ガイドの方が、英会話を学習するのであれば、
ネイティブ講師のいるオンライン英会話をおすすめします。

 

世界の人々に通じる英語を学べるからです。

 

ところで、英会話をやろうやろうと思っているのに、始めない人がいます。

 

というより「そのうち始めようと思っている」けど今は出来ない、
という方があっているかもしれませんね。
でも英会話が出来たら、かっこ良いと思っています。

 

英会話が流暢な人を見ていると、
「自分もいつかはあんな人になりたい」と見ています。

 

そして始めれば自分もあの人と同じように、
英会話が流暢になると思っています。
でもそんなに簡単に、英会話が出来るようにはなりませんよ。

 

特別大きな仕事や、大事な試験を抱えている人以外は、
誰も忙しいのです。

 

時間は、だれも同じ24時間です。
この時間を、うまく使って行くのが大切ですね。

 

どんなふうに勉強したら良いのかわからない、
という理由の人もいるかもしれません。

 

英会話スクールもどこに行ったら良いかわからない、
という理由かもしれません。
また近くに英会話スクールがない、という人もいるでしょう。

 

やはり勉強するのでしたら効率よく的確な指導がなければ、
勉強も時間の無駄になってしまいますね。

 

こんな悩みで英会話を始められない人には
オンラン英会話がおススメですね。

 

私もいろいろな勉強方法をしてきました。
英会話スクールにも、たくさん通いました。

 

そして今は、
ネイティブ講師のオンライン英会話で学習しています。

 

オンライン英会話を始めたころは
通学式のグループレッスンに慣れてしまっていて、
マンツーマンレッスンにちょっとドキドキしました。

 

でも今は、生徒は私だけですから、
レッスンの途中でもネイティブ講師に聞くことができ、
マンツーマンレッスンの良さをしみじみと感じています。

 

グループレッスンは、ほかの生徒さんに結構気を遣います。
時間は1時間ですから、質問だけでも時間がかかり、
レッスン時間が減ってしまいます。

 

おなじレベルの人のグループレッスンなのですが、
英会話のレベルは人それぞれです。

 

一緒にレッスンしていても、レッスン内容がやさしすぎたり
難しかったり、と全部が勉強になるとは限りません。

 

オンライン英会話はまた、講師を選べるというのが良いですね。

 

私はお気に入りの講師と定期的にレッスンし、
さらに時々新しい講師の方とレッスンをする
という形をとっています。

 

1人の講師で学んでいると、
私の欠点や苦手なところを把握してくれるからです。
そうして学んだ後に、別の講師でトライしてみるのです。

 

勉強はそのうちにと言っていると、いつまでたってもはじまれません。
今日から始めてみませんか。

 

とにかく、オンライン英会話を始めて見ることが大切です。

 

 

 

 

 

 

 

<<おススメのオンライン英会話はこちら>>

 

 

 

 

 

 

 

 

静岡 富士山世界遺産登録
オンライン英会話 ネイティブ
国連教育科学文化機関(ユネスコ)は、6月26日、カンボジアの首都プノンペンで開催した世界遺産委員会で、日本政府が推薦した「富士山」(山梨、静岡両県)を世界文化遺産に登録されました。登録名称は「富士山‐信仰の対象と芸術の源泉」、国内で17番目の世界遺産になりました。
富士山は当初、世界自然遺産として登録を目指しましたが、ゴミの不法投棄などによる環境悪化や開発により本来の自然が保たれていないなどの理由で、、文化遺産登録を目指す方針に転換しました。正式名称は、「富士山―信仰の対象と芸術の源泉」と決まりました。
富士山から45キロ離れた「三保松原」を対象から除く条件付きとされてましたが、日本側の各国への説得が実り、最終的には富士山を駿河湾越しに臨む三保松原の文化的価値が認められ、一括登録されました。

 

あとで読む