英会話 武蔵村山市

オンライン英会話 ネイティブ
武蔵村山市は、東京都の多摩地区にあり、
人口7万人を越す市です。

 

特産品に、絹織物の村山大島紬
があります。

 

人口は7万人を越すのですが、
交通機関として鉄道がないため、
路線バスが通っています。

 

観光名所として、自然を活かした東京都立野山北・六道山公園、
サイクリングロードである野山北公園自転車道、
巨人伝説に由来する大多羅法師の井戸、
ふるさと創生事業から生まれた温泉である村山温泉かたくりの湯、
などがあります。

 

また、お祭り行事として、
市の商工会が主催する武蔵村山市観光納涼花火大会、
市内の最大の農業、産業祭である村山デエダラまつり、
が盛大に催されます。

 

市内には、国立音楽大学の講堂、東京経済大学の村山キャンパス、
高校として武蔵村山高等学校、拓殖大学第一高等学校、
上水高等学校があります。

 

大学生は社会人となるために、高校生は進学や社会人となるために、
最近は英会話が必要になってきました。

 

学生の皆さんが、英会話を習うのであれば、
ネイティブの先生のいるオンライン英会話をおすすめします。

 

ネイティブは、発音が世界標準だからです。

 

ところで、英語をやってみたい、英会話を始めてみたい、
と思う人はたくさんいます。

 

私も、その一人でした。
やはり英語を流暢に話している人って、かっこいいですよね。

 

海外の空港に行ったときに、一人で難なく手続きして、
颯爽と飛行機に乗っていく人は、すごいなと思っていました。

 

道でネイティブから尋ねられてにこやかに教えてあげる人を見ると、
すごいと思っていました。

 

そんな人になりたいと思いますが、
英会話の勉強って、いったいどこから始めればいいのかな、
と悩んでいませんか?

 

実際に私の周りでも、
「英会話の勉強って何をすればいいの?」
という人は、たくさんいます。

 

私は聞かれた時は、
「やりたいことからやってみたら」
とすすめています。

 

とにかく何か始めなければ、進みませんよね。

 

その内やろうと思っている間に、
1年はたってしまいます。

 

とにかくやってみたいことを、始めてみましょう。

 

自分は何のために、英会話を勉強したかったのか?
を考えれば目標が立ちますよね。

 

その目標に合ったテキストを、
購入してみてはどうでしょうか?

 

ちょっと勉強してみると、
そこからいろいろな事が分かってきます。

 

ネイティブとの英会話レッスンが必要かなとか、
やはり文法ができていないとか。

 

自分で考える事は、とても大切ですよね。

 

最初から英会話スクールに入会してしまうと、
与えられたテキストで安心してしまいます。

 

また英会話の勉強が楽しくなかったら、
別の方法に変えれば良いのです。

 

スクールに入ってしまうと、
何十万という料金が掛かってしまいます。

 

大切なことは「得英会話の勉強が楽しい」と、
思いながら勉強することです。

 

苦痛になってしまうと、
せっかく英会話の勉強を始めたのにやめてしまう事になります。

 

それでは、残念ですよね。

 

ですから楽しくなくなったと思ったら、
別の方法に変えてみましょう。

 

また長く勉強しているとモチベーションは、
どんどん必ず下がってしまいます。

 

その時おすすめなのは、
英会話を始めたころのテキストをもう一度開いてみるのです。

 

そうすると最初に勉強したところが、
簡単でびっくりすることがあります。

 

私も英会話の勉強を始めたころのリスニングのCDを聞いて、
ビックリしたことがあります。

 

最初はなかなかネイティブの会話が聞き取れなかったのに、
簡単に聞き取れてびっくりしました。
オンライン英会話 ネイティブ
なかなか上達しないと思うと嫌になりますが、
確実に力はついているのです。

 

その繰り返しをしながら勉強していくと、
すぐにネイティブと簡単な英会話はできるようになります。

 

まず英会話を始めたいと思ったら、
好きなこと、やりたいと思ったところから
始めてみましょう。

 

オンライン英会話でネイティブとチャットしてみるのも、
1つの方法と思います。

 

 

 

 

 

 

おススメのオンライン英会話はこちら

   

 

 

 

 

 

 

 

武蔵村山市  大多羅法師の井戸

 

大多羅法師の伝説は各地にあります。武蔵村山市にもあります。大多羅法師という大男がいて、藤づるで丸山を背負い歩いた足跡が井戸になったという伝説です。現在は足跡形のようなくぼみがあるだけで水はありません。しかし、昔は日照りが続いても湧水は枯れたことがなく、飲料水として使われていたといわれています。