オンライン英会話 ネイティブ 港区

オンライン英会話 ネイティブ
港区は、東京都の特別区の1つであり、
人口約25万6千人となっています。

 

区の東側は、東京湾に面しています。

 

虎ノ門や芝、新橋には大企業の本社
が並ぶ一方、赤坂や六本木、青山は、
ブランド化された繁華街の雰囲気を漂わせています。

 

白金台や麻布は、
一般論的に言えば、裕福層の高級住宅地区となっており、
いろいろな面を持ち合わせた街となっています。

 

外資系企業や各国の駐日大使館も数多くあり、
外国人住人の割合が10%と高い地域と言えるでしょう。

 

名の知られた公園が多く、お台場海浜公園を初め、
増上寺のある芝公園、江戸時代に造られた旧芝離宮恩賜庭園、
南麻布にありながら閑雅な公園である有栖川宮記念公園、

 

児童遊園である三田台公園があり、
いづれも東京を体表するような公園となっていますので、
東京に行った折には、ぜひ見学されることをおすすめします。

 

きっと、公園を見学しただけでも、東京の雰囲気を味わってもらえると思います。

 

また、美術館にも六本木にある国立新美術館、
日本の古美術品が展示されているサントリー美術館、

 

白金台にある東京都庭園美術館、六本木ヒルズ森タワー内にある森美術館、
日本と東洋の小美術品が展示されている大倉集古館、
などがありますので、一見の価値が大きい美術館ばかりです。

 

ぜひご覧になってみてください。

 

大企業や外資系企業の社員を含め、外国人と接する方が多い地域ですので、
英会話を勉強されている方々も多いと思います。

 

英会話を習おうとするなら、ネイティブ講師の在籍する
オンライン英会話をおすすめします。

 

港区には、多くの英会話スクールがありますが、
オンライン英会話の方が、圧倒的に低料金で済むからです。

 

また自分の会社オフィス内で英会話のレッスンを受けることができるのも、
忙しいあなたに、合った英会話スクールと言えるでしょう。

 

ところで、英会話の勉強をしていると、
日常会話ができるようになるためにはどの位の英単語が必要なのか、
仕事のビジネスに必要な英単語は何万語なのかという疑問が湧いてきます。

 

一般的に言われているのは、
日常英会話がとりあえずできるようになるのには3,000語から5,000語、
英語でビジネスをしようと思ったら、10,000語から15,000語、
と言われています。

 

日本の高校までに習う英単語の数は、約3,500語あるそうです。

 

と言う事は、高校までの英単語を全部覚えてしまえば、
日常的な英会話はネイティブとなんとかできるという事になります。

 

でも、実際には忘れてしまった単語もありますから、
思い出すための普段の努力が大切なのは言うまでもありません。

 

オンライン英会話でレッスンをしていると、
この日本語を英語で何と言うのか忘れてしまった、
ということに気付かされますから、
気付いたら早速辞書で調べて、頭の中に再インプットしておきましょう。

 

そして、大切なのはネイティブと話している時に、
覚えている英単語が口をついて出てくることなのです。

 

ところが、これが日本人の最も不得意とするところです。
英語でスピーキングしようと思った時になかなか言いたい単語が出てこないのです。

 

それは、そうですよね。
日本の学校では、英語の読み書きは勉強しても、
スピーキングの授業なんてしたことが無いのですから。

 

そこで、この英語で言いたい時に英単語が口をついて出てくるようにするために、
オンライン英会話のネイティブの先生とのレッスンが必要となってくるのです。

 

そして大切なのは、ある場面に遭遇した時に必要な英単語を復習しておくことです。

 

パーティーにお誘いを受けた時には、
大体どのような話題が出てくるか予想がつくと思います。

 

その時の会話に必要となる単語は、場面を想定してみて、
英語での言い方が分からない時は、単語をしっかり調べておきましょう。

 

自分の言いたい事があれば、その場面になったら率先して話してしまうと、
その後のネイティブの会話が気軽に聞けるというマインドになるものです。

 

もちろん、オンライン英会話のネイティブの先生から、
英語表現についてアドバイスを受けておくと助かりますよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

おススメのオンライン英会話はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

港区   増上寺
オンライン英会話 ネイティブ
港区芝公園四丁目にある浄土宗の寺院で、日本有数の大寺院になっています。1393年浄土宗第八祖聖聡(しょうそう)上人によって、開山しました。江戸時代には徳川家の菩提寺として、六人の将軍の墓所が設けられました。江戸時代の増上寺には、常時三千人もの修行僧がいたといわれています。