オンライン英会話 ネイティブ講師 格安

オンライン英会話 ネイティブ
品川区は、東京都の特別区で、
人口が約40万人となっています。

 

区内には、多くの神社があります。
品川神社を初め、天祖・諏訪神社、
大井蔵王権現神社、荏原神社、磐井神社、
上神明天祖神社、氷川神社、貴船神社、
下神明天祖神社などです。

 

神社の七福神めぐりのルートが、2つもあるくらいです。

 

寺院にも、一心寺、東光寺、養玉院、摩耶寺、養願寺、法蓮寺など、
江戸時代の東海道に沿って寺院が見られます。

 

また、区内には明治維新に活躍した名士の墓として、
伊藤博文、板垣退助、岩倉具視の墓もあるのです。

 

このような歴史的な物があると同時に、
品川区はビジネスの街でもあります。

 

東品川、西品川、南品川、大井、五反田、上大崎地区などに、
一部上場企業の本社群が立地しているビジネスの中枢と言って良いでしょう。

 

本社に勤務する会社員には、海外ビジネスと何らかの形で関係している方が、
多いと思います。

 

これらの会社員の方がビジネス英会話を習うのであれば、
ネイティブ講師の在籍するオンライン英会話、スカイプ英会話をおすすめします。

 

ネイティブ講師は、海外の企業の英語研修を担当してきた、
プロの英語講師達だからです。

 

英会話の企業研修として、オンライン英会話を活用できるでしょう。

 

ところで、日本の昭和時代の英語教育は、中学校から大学に至るまで、
教科書を中心とした教育でした。

 

教科書にある英文を読んで、
出てきた英単語と文法を覚える授業だったのです。

 

英語のテストでは、発音に関する問題は英単語がいくつか並べられていて、
RやLに関して異なる発音となる英単語を当てる問題が出されました。

 

英語のライティングやスピーキングの授業は、
全くありませんでした。

 

このような英語授業でしたから、
中学校から大学まで10年間英語の授業を受けても、
実際にネイティブと会話を交わすことができる学生は、
ほとんど居なかったというのが実際でした。

 

一方、アメリカの大学の授業を見てみると、
まず宿題としてテーマが与えられ、そのテーマに関する資料、記事を
授業までに読んでおくことが求められるのです。

 

そのため、学生は必至になって読書に励みます。

 

そして授業では、読書して得た知識を基に、自分の意見をまとめて置き、
教授や学生とディスカッションや、ディベイトをするのです。

 

宿題の読書をしておかないと、授業では置いてきぼりとなってしまうのです。

 

さて、日本の大学生が、アメリカの大学に留学すると、どうなったでしょう。
ネイティブスピードの英会話で、ネイティブとディスカッションをすることを、
求められるのです。

 

そのような授業であることを知らずにアメリカに留学した日本の大学生は、
すぐに根をあげてしまうことが多かったのです。

 

それでも、最近では、オンライン英会話を利用して日本に居ながら、
ネイティブとディスカッションをすることができるようになってきました。

 

アメリカの大学に留学するにしても、かなり準備ができる時代にはなってきたのです。

 

 

 

 

 

 

おススメのオンライン英会話はこちら

 

 

 

 

 

 

 

品川区     船の科学館
オンライン英会話 ネイティブ
昭和49年に竣工・開館した品川区東八潮の東京臨海副都心にある博物館ですが、開館後37年が経過して老朽化が激しく2011年に本館展示を休止しました。建物自体がクルーズ客船「クイーン・エリザベス2号」をモチーフにした大型客船の形をしていて、見た目も豪華です。南極観測船「宗谷」の展示公開と屋外展示場で博物館として営業しており、体験教室プールでの各種イベント・体験教室など継続して実施しています。