オンライン英会話 ネイティブ

オンライン英会話 ネイティブ
江東区は、東京都の特別区の1つで、
人口は約51万人となっています。

 

荒川と隅田川に挟まれた場所であり、
東京湾に面しています。

 

区内には多くの神社があり、
富岡八幡宮を初めとして、
亀戸天神社、東大島神社、大島稲荷神社、深川神明宮、深川稲荷神社、
佐賀稲荷神社、猿江神社、亀戸浅間神社、子安稲荷神社、生田稲荷神社、
などがあり、参拝者が絶えません。

 

また、人の集まる公園も多く、
有明テニスの森公園、庭園が東京都の名勝に指定されている清澄庭園、
亀戸中央公園、青海中央ふ頭公園、辰巳の森海浜公園、猿江恩賜公園、
などがあります。

 

更に、コンベンションセンターや、博物館、美術館も、
揃っています。

 

代表的な所では、東京ビックサイト、東京都現代美術館、
夢の島熱帯植物館、水の科学館、日本科学未来館などです。

 

日本に観光に来たネイティブであれば、
きっと江東区を見学して歩くでしょう。

 

観光ガイドの方は、英語での案内となりますね観たい。

 

観光ガイドの方が、英会話を習うのであれば、
オンライン英会話をおすすめします。

 

オンライン英会話なら、江東区のどこに居ても、
英会話レッスンを受けることができるからです。

 

ところで、話は少し変わりますが、ネイティブの子供達は、
小学校でどのような英語の教育を受けているのでしょうか。

 

本を読む事(リーディング)、作文を書く事(ライティング)、
先生が5人程度の生徒に付いて、本の読解力をつけるレッスン、
皆の前でスピーキングをしたり、ディスカッションをする事、
そして、文法の授業を受けるそうです。

 

日本人が学校で国語の授業を受けるのと、
ほとんど同じですね。

 

ネイティブにとっては、英語は国語ですので、
日本と同じような授業内容となるのは自然な姿なのですが、
イギリスでは教科書が無いそうなので、
この点が日本とは異なっていますね。

 

日本では、数社の出版社から教科書が販売されていて、
それらの中から学校毎に選んでいます。

 

それと、ネイティブの英語の評価は、
絶対評価となります。

 

先生によらず、生徒に対して同じ評価ができるように、
どのレベルに到達していれば高評価となるかの基準が、
国全体としてしっかりできているのですね。

 

日本の少なくとも昭和時代までの英語の授業は、
リーディングと文法の授業が主体でした。

 

どうしてスピーキングとライティングは、
英語能力の評価の対象にならなかったのでしょうか。
中学校や高等学校では、スピーキングの良くできる生徒を、
県の英語スピーチコンテストに出場させることくらいしか、
ありませんでした。

 

英語の担当教師が、スピーキングやライティングが
得意でなかったという事情もあったにかもしれません。

 

一方、ネイティブの教師が英語の授業を行えば、
授業中は全て英語で話すことになるので、
生徒が理解できないという事情もあったかもしれません。

 

今では、ネイティブ講師のいるオンライン英会話がありますので、
日本人の生徒も先生も、ぜひオンライン英会話での英会話のレッスンを
おすすめします。

 

 

 

 

 

 

おススメのオンライン英会話はこちら

 

 

 

 

 

 

 

江東区     亀戸天神社
オンライン英会話 ネイティブ
亀戸天神社(かめいどてんじんしゃ)は江東区亀戸にある、学問の神様として親しまれている菅原道真を祀った天満宮です。受験シーズンには、絵馬を奉納する受験生でいっぱいです。藤の花も有名で“東京一の藤の名所”とも言われています。また境内には、300本を超す梅も植えられ、2月上旬から3月中旬に美しい花を見られます。一つの樹に紅梅と白梅の花が咲く“五賢の梅”は、是非見たいものです。