オンライン英会話 ネイティブ 東根市

オンライン英会話 ネイティブ
東根市は、山形県の東側にある市で、
人口が約4万8千人を抱えています。

 

山形盆地の北側にあり、最上川が
流れる街となっています。

 

東根市の東側は、御所山を初め、
大森山、面白山、若木山があり、

 

街には最上川を初めとして、
村山野川、小見川、日塔川、乱川、
白水川が流れており、自然あふれる環境となっています。

 

特産品には、サクランボや、リンゴがありますので、
観光の際には、買って帰るとお子さんを含めて家族が喜ぶでしょう。

 

東根市の交通機関としては、
山形空港があり、東京から1時間で来ることができますので、
とても便利な観光地となっています。

 

その他には、JR東日本の山形新幹線、奥羽本線が通っており、
高速道路には東北中央自動車道がありますので、
観光のためのアクセスが良い地域となっています。

 

市内に宿泊するなら、温泉旅館が20軒ほど並んでいる
さくらんぼ東根温泉がおすすめです。

 

ナトリウム-塩化物泉の露天風呂で、旅の疲れを癒せば、
最高のくつろぎの一時を過ごせるでしょう。

 

最上川水系である乱川上流には東根の大滝があり、
国の特別天然記念物となっている東根の大ケヤキ、

 

山形県の指定天然記念物となっているイバラトミヨ生息地、
と共に、市内の自然観光の名所となっていますので、見学をおすすめします。

 

市内の歴史旧跡には、
戦国時代に造られた長瀞城の跡、

 

山形県の指定有形文化財となっている木造釈迦如来坐像
のある仏心寺、同様の文化財である普光寺の鐘、があります。

 

東根市の歴史を知るには、これらの場所は逃せませんので、
ぜひご覧になってみてください。

 

イベントも多く開催され、
元旦に行われる東根元旦マラソン、
6月に行われるさくらんぼマラソン大会、8月に行われるひがしね祭、

 

さくらんぼ東根温泉で行われるひがしね湯けむり映画祭、
さくらんぼタントクルセンターで行われる東根市総合文化祭、
最上川舟唄全国大会などに市内外から参加があります。

 

これらのイベントを見学すると、地域の雰囲気が分かると思います。

 

一方市内には、大森工業団地・大森西工業団地や縄目工業団地があり、
多くの製造業が立地しています。

 

例えば、化学・電気関連メーカー、照明器具メーカー、機械部品メーカー、
食品メーカー、冷凍食品を得意とするメーカー、電機メーカー、
精密加工メーカーなどの工場があります。

 

そのため、住宅開発もあって、人口は年々増加してきました。

 

工場で働く従業員の中には、海外販売の担当になっている方も、
いるのではないでしょうか。

 

外国への販売業務の上で、交渉や打ち合わせは英語となるでしょう。
英語は万国共通語となっているからです。

 

英会話を習得するのであれば、
ネイティブの講師が在籍するオンライン英会話はいかがでしょうか。

 

ネイティブの英語なら、万国に通用するからです。

 

東根市といえば、サクランボが有名で、
全国一の生産量を誇っています。

 

サクランボは国内ばかりでなく、
世界に向けて販売していける果物です。

 

農業関係者の中には、
海外販売のための専任の担当者が必要になってくるでしょう。

 

海外とのビジネスは、英語を通じてとなるでしょう。

 

担当者が英会話を習うのであれば、オンライン英会話をおすすめします。
英会話スクールに通うことなく、自宅で英会話レッスンができるので、
とても便利なのです。

 

ところで、私たち日本人は外国人にあこがれると共に、
劣等感もあり複雑な感情がありますね。

 

特に欧米の人には、強いあこがれがあります。

 

外国語を習うのはこういった人との交流にあこがれて、
学ぶことが多いと思います。

 

また今では外国の方に田舎の地方でも会う事はありますが、
以前は大都会を除いては外国の方を見ることは、
あまりありませんでした。

 

今では全国各地に、いろいろな国の方がいます。
仕事ではもちろん、観光客も驚くほどたくさんの方がいます。
ひと昔前と、だいぶ違います。

 

私は、まだそれほど外国の方を見ることがない地方で、
育ちました。

 

大学で都会に来て、外国の方の多さに驚いたほうです。
ですから、外国の方に接するという事に慣れていません。

 

たまに道で地図を広げられて道を聞かれたら、
ドキッとして言葉も出ません。

 

外国の方というだけで、ダメなのですね。

 

英語が上達しないのも、この辺に原因があるのかなと思います。
英会話スクールに行っても、ネイティブの講師と話していても、
ドキドキしてしまいます。

 

思っていることの半分も、話せません。

 

予習や復習で話すことを考えてくるのですが、
いざ教室でとなると、言葉が出なくなってしまいます。

 

ネイティブの講師も、その辺を察してくれるのだろうと思います。
話しかけてくれるのですが、緊張しっぱなしの私は、
言葉が思うように出ません。

 

これはやはり小さな頃から、
外国人に身近に接していないからだと思います。

 

島国であった日本人とまで言うと話が大きくなってしまいますが
かなり影響は大きいと思います。

 

私の子供達は、小学生から英語を学校でも習い、
ネイティブの先生から週に1回程度ですが授業を受けます。

 

中学校ではネイティブの先生が、一人教員としています。
うらやましい英語環境ですね。

 

私も時々学校に行った時、
ネイティブの英語講師と話す時がありますが、
やはりドキドキしますね。

 

これは小さな時の環境が、抜けないという事でしょう。

 

このドキドキとした気持ちが無くなるようになるには、
もっともっと外国の方に接してどんどん話すしかないですね。

 

オンライン英会話には、ネイティブの講師がいますから、
慣れるように、時々英会話レッスンを受けています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おススメのオンライン英会話はこちら


 

 

 

 

 

 

東根市   東根の大ケヤキ
オンライン英会話 ネイティブ
東根市の大ケヤキは、東根小学校の校庭にあるケヤキの巨木です。樹齢は、1000年とも1500年とも言われています。1300年代に小田島長義が築いた東根城内に、植えられていたとされています。昭和時代に入り、国の特別天然記念物に指定されました。ケヤキとしては日本一の巨樹といわれ、「日本三大ケヤキ」の1つとなっています。