オンライン英会話 ネイティブ

オンライン英会話 ネイティブ 
新庄市は、山形県の北側にある市で、
人口は約3万6千人となっています。

 

伝統工芸品として、
独特の織物である新庄亀綾織、
隠明寺凧、東山焼などがあります。

 

市内の観光名所には、
国の重要文化財となっている
旧矢作家住宅を初め、新庄城趾がある最上公園、
国の史跡となっている新庄藩主戸沢家墓所、桜の名所である泉田桜通り、
松並木の見事な泉田の松並木、言い伝えの残る七所明神、
国の名勝となっている「おくのほそ道の風景地 本合海」、
源義経の東下り縁の地、が有名です。

 

新庄市の歴史を探訪したい方には、
雪の里情報館、ふるさと歴史センター、最上広域交流センターゆめりあ、
かむてん公園がおすすめですので、ぜひ足を運んでみてください。

 

また、お祭り行事には、2月の新庄雪まつり、4月から5月にかけて
新庄カド焼きまつり、8月に催され山車が出る新庄まつり、
11月の新庄そばまつりがあり、多くの参加者で賑わいます。

 

市内には、早稲田大学や玉川大学の
生物系のバイオマスの研究施設や、
山形大学の教育研究を行う施設があります。

 

研究には、海外との先端情報の交換が重要になってきます。

 

そのため研究者は、
世界共通語である英語ができることが必要となります。

 

英会話を習うのでしたら、ネイティブの講師が在籍する
オンライン英会話をお奨めします。

 

世界の先進国はネイティブの住む国々ですから、
ネイティブの英会話に慣れることが肝心と思うからです。

 

ところで、私の夢は、語学を生かした通訳になることです。
小さな頃は、英語があまり好きでなかったのですが、
大きくなるにつれて、海外にあこがれるようになりました。

 

海外に行くには何と言っても語学ができなければ、
楽しめないと思うのです。

 

ちょっと道を聞くにも、おみやげを買うのも言葉が通じれば、
簡単にできるし楽しめます。

 

指差し英語でなんとか済ませてしまおうというような
考え方もあるかもしれませんが、
私は言葉を話したいですね。

 

やはり目的があれば、英会話の勉強にも身が入ります。
何とか英会話もマスターしたい、と思うようになりました。

 

やはり英会話をマスターするためには、留学がいいと聞きます。
しゃべれなくても、しゃべらなくてはならない環境にあれば、
話せるようになるという考え方です。

 

一番手っ取り早い語学習得は、何といっても留学だそうです。
そこで私も留学資金を貯めて、留学しようかなと考えました。

 

留学すれば英会話がマスターできるなら、留学したいですよね。

 

私も留学の費用や、留学先などいろいろ調べてみました。
その中に留学経験者の体験談などがたくさんあり、参考になりました。

 

体験談を読んで、私の考えていたことと違ったことも分かりました。

 

私はこれまで留学すれば、
自然と英会話はできるようになると思っていました。

 

これが間違いだと知りました。

 

留学しても必死に勉強しなければ、
英会話は話せるようにはならないという事。

 

せっかく留学しても日本人ばかりで話していては、
英会話の勉強にならない事。

 

ある程度の英会話の勉強を日本でしておかないと、
上達しないという事。

 

実際に留学しても英会話がマスターできず、
留学したことを黙っている人もいる事。

 

調べてみると驚くばかりでした。
でも考えてみると当たり前のことばかりでした。

 

塾に入っても勉強しなければ、
成績が上がらないことと同じですね。

 

私はある程度英会話が話せるようになるまで、
日本で勉強していこうと思います。

 

今はオンライン英会話で勉強中です。

 

オンライン英会話には、
留学したい国のネイティブの講師が居るので、
週に何度もレッスンを受けます。

 

来年くらいには留学したいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

おススメのオンライン英会話はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

新庄市  旧矢作家住宅
オンライン英会話 ネイティブ
旧矢作家住宅はあまり詳しくは分かっていませんが、8世紀中頃の建てられたという説があります。中型農家の作りとなっています。柱を多角形に加工してある事が特徴で、手斧仕上げの片中門造りで馬屋部分が前に張り出した構造になっています。旧矢作家住宅は、昭和時代に国の重要文化財に指定されました。