英会話 由利本荘市

オンライン英会話 ネイティブ
由利本荘市は、秋田県の南側にあり、
日本海に面した市です。
人口は約7万7千人となっています。

 

特産品として、秋田由利牛、
フランス鴨、B級グルメの本荘ハムフライ、
歴史を持つ本荘うどん、工芸品の本荘ごてんまり、
などがあります。

 

市内には、本荘城跡である本荘公園、三望苑、望海の丘、
南由利原高原、鳥海高原花立牧場、赤田大仏、
複合施設である由利本荘市文化交流館 カダーレ、
日本の滝百選に選ばれている法体の滝、鶴舞温泉、
歴史的建造物である土田家住宅、などがあります。

 

また、スキーもできるようになっており、
鳥海山の麓にある鳥海高原矢島スキー場を初め、
鳥海オコジョランドスキー場、長坂スキー場、太平スキー場で、
スキーを楽しめるようになっています。

 

お祭り行事も多く、1月の新山神社裸まいり、
7月の菖蒲カーニバル、Mt.鳥海バイシクルクラシック, 旧藩祭、
8月の赤田大仏祭り、9月の本荘八幡神社祭典、矢島八朔まつり、
10月の全国ごてんまりコンクール、と続きます。

 

日本に訪れた外国人が秋田県に来たら、
地方色豊かな由利本荘市をきっと観光するでしょう。

 

市内の観光ガイドの方は、英語での案内となりますね。

 

観光ガイドの方が、英会話を学習するのであれば、
オンライン英会話をおすすめします。

 

ネイティブの講師であれば、レベルの高い英会話レッスンを、
受けることができるからです。

 

ところで、由利本荘市でも同じ状況ですが、
「英語教育の中でも英会話は大切」と今では全国の小中学校に、
ALTの外国の先生がいらっしゃいます。

 

小学校でも英語の授業を取り入れるようになってから、
しばらくなります。

 

講師は英語の担当の先生と一緒になって、
授業の進め方などを話し合いながらレッスンしています。

 

英語の授業をしていても実際に話してみなければ、
英会話のレッスンにはなりませんからね。

 

また話すレッスンをしなければ、
話せるようにはなれませんね。

 

日本でも入試ばかりではなく、
英会話を重視した授業に移行しつつあります。

 

小学校、中学校の時に英会話を、
実際に話して学ぶことは重要ですね。

 

しかし、授業の時は講師と話しても、
授業が終わると講師とは全く話さない生徒もいます。

 

もっともっと講師と話したらいいのではないかな、と思います。

 

授業は決まったフレーズや、単語を習いますが、
授業以外では違いますね。

 

これがまさに生きた英会話の練習になるのではないかな、と思います。

 

廊下を歩いている時や、休み時間などに、
もっともっと話しかけてみたらどうでしょうか。

 

英会話の勉強ばかりの話ではなく、普通の先生のように、
話しかけるのが良いのではないかなと思います。

 

講師の趣味のことを聞いてみたり、
日本についてどう感じているかなと聞いてみたり、
思ったことをなんでも話してみたらいいと思います。

 

ALTの先生は海外から英会話講師として来ていますので、
生徒と話すのが好きです。

 

もっと生徒ともコミュニケーションを取りたい、
と思っています。

 

ALTの先生も、実は日本語ができない講師がたくさんいます。
話しかけられても、分からない事もあるようです。

 

お互いに分からないとだんだん話さなくなって
きてしまうこともあるようですが、
そんなことは気にしないほうが良いですね。

 

生徒はわからなくて当然なのですから、
恥ずかしがらず話してみましょう。

 

また間違っても恥ずかしくない、大丈夫という練習になりますね。
このことが、一番大きなことではないでしょうか。

 

職員室では英会話のできる先生というのは結構少なくて、
ALTの先生に話しかけている先生はあまりいないように思います。

 

講師も日本語があまりできませんから、
大人になるとやはり流暢な英語ができないと話しかけないのですね。

 

また先生というプライドからなのか、
ほかの先生に下手な英会話を聞かれたくない、
という思いはあると思います。

 

私も実際に職員室でALTの講師と話をしたことがありますが、
やはり下手な英語を聞かれたくないという、
恥ずかしい気持ちの方がありましたね。

 

そう思ったら、ぜひオンライン英会話でレッスンを、
行ってみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

おススメのオンライン英会話はこちら


 

 

 

 

 

 

由利本荘市      亀田城佐藤八十八美術館
オンライン英会話 ネイティブ
佐藤八十八は明治40年、秋田県本荘市に生まれ建築資材、荒物などを扱う店を経営し大きな財を成しました。。佐藤家三代にわたって収集してきた美術品等のコレクションを当時の岩城町が寄附されたのをきっかけに亀田藩主の居城「陣屋」を復元しここに亀田城佐藤八十八美術館として建設し展示しました。 ま敷地内には、本格的な茶室「天鷺庵」をはじめ、休憩所「惣助亭」、「深山軒」や、土蔵展示室「薬王寺館」があり日本庭園を眺めることが出来ます。