オンライン英会話 ネイティブ講師 湯沢市

オンライン英会話 ネイティブ
湯沢市は、秋田県の南側にあり、
人口が約4万5千人となっています。

 

湯沢市の南西側には大黒森山があり、
南東側には高松岳があります。

 

また街には、雄物川を初め、高松川、
皆瀬川が流れており、街の雰囲気を
醸し出しています。

 

湯沢市の交通機関には、
JR東日本の奥羽本線があり、

 

高速道路には湯沢横手道路が通っていますので、
観光客が訪れるのには、便利な交通網が整っています。

 

山地が近い為、市内には温泉地が多く、秋ノ宮温泉郷、奥小安峡大湯温泉、
小安峡温泉、泥湯温泉があります。

 

湯沢市を訪れたら、体と心を癒すこれらの温泉地に宿泊することを、
ぜひおすすめします。

 

一方、城跡などの旧跡として、湯沢城址、岩崎城址、稲庭城址があり、
歴史探訪の地となっていますので、ぜひご覧になってみてください。

 

観光名所には、
滝の水温が高く滝つぼが温泉露天風呂として利用できる川原毛大湯滝、

 

熱水が噴出し日本三大霊場のひとつとなっている川原毛地獄、
古木で大きな桜の木として有名なおしら様の枝垂桜、ゆざわジオパーク、

 

小安峡大噴湯があり、観光客を楽しませてくれますので、
見学されることをおすすめします。

 

更に、特産品として稲庭うどん、川連漆器、いぶり漬け、三梨牛などが有ります。

 

食卓がにぎやかになり、美味しい食事となることは間違いありませんので、
ぜひお土産として買って帰ってみてください。

 

祭事として、2月のかだる雪まつり、犬っこまつり、6月の小町まつり、
8月の七夕絵どうろうまつり、の祭りもありますので、
ぜひ参加されることをおすすめします。

 

このように湯沢市は観光資源に恵まれており、
年間100万人を超す観光客が訪れる街となっています。

 

来日した外国人が、秋田県を訪れたら湯沢市をきっと観光するでしょう。
その時のガイドは、英語での案内になると思います。

 

英会話を勉強するなら、オンライン英会話の中でも、
ネイティブの講師のいるスクールをおすすめします。

 

ネイティブは、英語の発音が世界に通じるからです。

 

ところで、英語弁論大会が、近年よく開催されるようになりました。
英語を勉強し始めた、中学校の弁論大会もあります。

 

有名なところでは、高円宮杯全日本中学校英語弁論大会などが、
良く知られていますね。

 

たまに出席者のスピーチを聞くことがありますが、
本当に中学生なの?とか、
海外生活が長かったのではないのかなと思うような、
流暢な英語を話しているのでびっくりします。

 

大会までには、先生とのスピーチ内容の指導、
アクセント発音の指導など、
かなりレッスンは受けるのだろうと思います。

 

弁論大会は、そのスピーチ自体を覚えてしまえば、
かなり良い勉強方法だと思います。

 

自分の口から出てくるフレーズが、
そのまま英会話のフレーズになってきます。

 

単語を変えて言えば、
いくらでも会話の応用にも使いまわしができます。

 

私の中学校の時も、弁論大会がありました。
まずクラスごとの発表者を決めて、学年大会をします。

 

学年で選ばれた人が、地域の学校の弁論大会に出ます。
そしてさらに選ばれると、どんどん上に上がった大会に、
出るようになっていきます。

 

私もクラス代表になって弁論大会に出てみないかと、
英語の先生から声がかかりました。

 

でも私は迷うことなく、お断りしてしまいました。

 

先生は、私がはっきりと断ったのでびっくりしていたようで、
別の生徒に声をかけることになりました。

 

どうして嫌だったのかというと、
あの弁論大会のちょっと大げさな身振り手振りが、
嫌だったのです。

 

中学生の私には、とても恥ずかしくできないと思いました。
また英語独特の発音も、その当時は恥ずかしいと思いました。

 

口を丸めたり、下を動かしたり、
先生の指導も嫌だなと思いました。
私の代わりに出た友人は、先生の熱心な指導を受けていました。

 

普段の授業では指導できないような細かな部分まで、
教えてもらっていました。

 

今になって考えれば、とても残念だったと思います。

 

話の強弱、話のスピード、ジェスチャーなど、
じっくりマンツーマンのように教えてもらえたのにと思います。

 

もしまた中学生に戻れたら、英語弁論大会に出たいと思います。

 

今は、オンライン英会話を通じてネイティブの講師に、
発音を教えてもらえるので、上達は速いと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

おススメのオンライン英会話はこちら

 

 

 

 

 

 

 

湯沢市   小町まつり
オンライン英会話 ネイティブ
小野小町は1200年程昔、小野良真の娘で、現在の湯沢市に生まれたと言われています。13歳で京都へ行き、都の風習や教養を身につけ、その後、宮中に仕えたとされています。容姿の美しさは現在でも言い伝えられていて、「小町」というのは美人という代名詞になっていますね。湯沢市の小町まつりは 市内より選ばれた小町娘7名が、小野小町が詠んだ七首の和歌を詠んだりする優美なお祭りです。