英会話 能代

オンライン英会話 ネイティブ
能代市は、秋田県の北側にあり、
日本海に面した市です。

 

一方、能代市は、観光の街として有名です。
と言うのは「恋文のまち」を合言葉に
市として観光産業に取り組んでいる他に、
名所や神社が多いからです。

 

名所としては、
かおり風景100選に選ばれている風の松原を初め、
きみまち阪やきみまち杉があります。

 

また、神社には、高岩神社や杉沢熊野神社、七座神社、日吉神社、
八幡神社など多数の神社があります。

 

史跡も多く、杉沢台遺跡、檜山安東氏城館跡、国清寺跡、
檜山追分旧羽州街道松並木があります。

 

祭事では、能代港まつり花火大会、能代役七夕、おなごりフェスティバル、
のしろみなとまつり、日吉神社祭典と多彩です。

 

外国の方が秋田県を訪れたら、きっと能代市の歴史を見学にくるでしょう。
市内の歴史ガイドの係は、英語での案内となるでしょう。

 

能代市は、アメリカ合衆国の
アラスカ州にあるランゲルとは、
姉妹都市となっています。

 

ランゲルの皆さんと能代市の皆さんが、交流することがあると思います。
その時は、会話は英語を通じてとなるでしょう。

 

能代市の市民の皆さんや歴史ガイドの方が英会話を習うなら、
ネイティブの講師のいるオンライン英会話をおすすめします。

 

ネイティブと会話するためには、ネイティブの講師から
レッスンを受けるのが最も適していると考えるからです。

 

ところで、もし私が学生時代に戻れたら、英会話の勉強をしますね。
私は、私なりに学生の時はしっかりと勉強してきたと思います。
友人も多く、サークル活動も充実していました。

 

いまだにこの時代の友人は大切な仲間であり、
同窓会も頻繁に行っています。
ですから学生時代の後悔というものはありません。

 

なぜ学生時代に戻ったら英会話の勉強をしたいかというと
今それなりに英会話を学んでいるのですが覚えられないのです。

 

これは、この年になって初めてわかることでした。
若い時は、そんなに覚えられないという感覚はありませんでした。

 

何回か勉強すれば、何となく頭に入っていたのです。
ところがどうでしょう。

 

社会人になってから、英会話が必要になって始めたのですが、
全然頭に入らないのです。
これは、かなりショックですね。

 

今日、勉強したことが明日には忘れているのです。
昨日勉強したことを、今日覚えていないのです。
健忘症になったのか、と思う程です。

 

特に、単語が覚えられません。
単語だけでは、全く覚えられませんね。
文章の中で、覚えるしかありません。

 

ですからもし学生時代に戻れたら、
しっかりと英会話を学んでおきたいのです。
特に、単語を数多く覚えたいですね。

 

単語集を単語のみで、1冊丸ごと暗記したいものです。
入試の頃は、仕方なく単語を覚えました。

 

入試に出る単語集の本を買って、勉強しましたね。
その時は、ほぼ覚えられました。

 

でも入試が終わると英語を勉強する必要もなくなり、
単語も完全に忘れてしまいました。

 

簡単に短期で勉強したものは、あっという間に忘れてしまうのですね。

 

でも社会人になって英会話が必要になり勉強を始めると、
以前に学んだ単語はよみがえってくるのです。
頭の片隅に、記憶されているのですね。

 

でも新しい単語は、学んでも、学んでも、頭に入らないのです。

 

だから若いときの勉強が、いかに大切か分かります。

 

よく大人の人が学生時代にもっと勉強しておけばよかった
という事を言いますが、私もそんな気持ちになってきました。

 

これは歳をとらないと、分からないことなのですね。

 

少しでも前進するために、オンライン英会話で英語を学んでいます。
良いと思ったオンライン英会話を、ご紹介しますね。

 

 

 

 

 

おススメのオンライン英会話はこちら


 

 

 

 

能代市   風の松
オンライン英会話 ネイティブ
風の松原は、能代市の海岸にある防風林です。数百万本のクロマツが植えられており、日本一大きい松原と言われています。日本では、日本五大松原の一つになっています。760hに及ぶ松原は、保安林に指定されています。サイクリングコース、ジョギングコース、いこいの広場などが設けられ、市民の憩いの場にもなっています。バードウォッチングや、きのこ狩りも、楽しむことが出来るそうですよ。