英会話 にかほ市

オンライン英会話 ネイティブ
にかほ市は、秋田県の南側にあり、
日本海に面した市です。
人口は、約2万4千人となっています。

 

南部に鳥海山があり、街は海岸部の平野に
集まっています。

 

夏季には、岩ガキ、ウニが獲れ、
冬季には、ハタハタやタラが港を活気
つけます。

 

そのため、平沢漁港、小砂川漁港、金浦漁港、象潟漁港の
4つの漁港があります。

 

にかほ市は、大手電気機器メーカーの企業城下町となっています。
市内に住む社員の中には、海外との取引部門に所属している方が、
いると思います。

 

海外の取引先との情報交換は、英語を通じてとなりますね。

 

一方、にかほ市は、アメリカ合衆国のオクラホマ州にある
ショウニー市や、ワシントン州にあるアナコーテス市とは、
姉妹都市として提携しています。

 

ショウニー市やアナコーテス市の市民の皆さんが国際交流のために、
にかほ市を訪れた時には、市役所の係の方や市民の皆さんが、
市内を紹介することになるでしょう。

 

コミュニケーションは、英語を通じてとなるでしょう。

 

海外担当の社員の方や、国際交流を行う市民の皆さんが、
英会話を習うのでしたら、ネイティブの先生の在籍する
オンライン英会話をおすすめします。

 

ネイティブと会話をするには、ネイティブの先生から
英会話レッスンを受けるのが一番良いと思うからです。

 

ところで、誰でも英会話を何とか身につけようと勉強しますが、
ネイティブと話せるようになるまでには、なかなか時間がかかります。

 

良く習い事をマスターするには、
1000時間が必要などと言われています。
これは、結構当たっていると思います。

 

これに当てはめると、週1回の英会話スクールのみで、
英会話を話せるようにするというのは無謀なことです。

 

週1回ですと、おおよそ年に50回。
英会話をマスターするまでには、20年もかかるという事です。

 

これでは、ほとんど無理ですよね。
習ったことを、忘れていってしまいます。

 

週2回にしても、レッスン時間は100時間です。

 

英会話をマスターするためには、
いかに自分で勉強するかですね。

 

週1回スクールに通ったとして、
後の950時間をどのように勉強するかです。

 

1年でマスターしたいと思えば、
おおよそ1日3時間の勉強が必要です。

 

机に向かって毎日3時間の勉強は、大変ですよね。
仕事もありますし、また学生だったら、ほかの勉強もありますから。

 

疲れて帰った時など、
とても勉強する気持ちになれないこともありますね。

 

それにはどうしたらよいかというと、
生活の中に英会話の勉強を入れてしまうのです。

 

運動もよく言われることですが、同じです。
ウォーキングや、ジムに通う時間を作るのは、なかなか大変です。

 

でも通勤時間を、ウォーキングの時間に充てるのです。
例えば今までバスに乗っていたところを、歩いていくのです。
このように、生活の中に取り組めば時間は作れます。

 

英語も朝、学校や通勤前の食事や支度の時間に、
テレビをつけっぱなしするかわりに、
ネイティブの英会話のテープを流したり、ラジオやテレビの
英会話番組を聞き流すようにすれば良いのです。

 

ネイティブと英会話の勉強ができれば一番良いですが、
朝の忙しいときは聞き流しで十分です。

 

CDを流しっぱなしにすれば、簡単です。
意識しないでも、毎朝聞いていると、
結構覚えてしまうものです。

 

そのうちCDと一緒に、
口から英会話が飛び出してくるようになると思います。

 

あまり聞こうと力まないでテレビのつけっぱなし、
といった感覚で聞くのが長続きするコツかなと思います。

 

そして、何よりも大切なことは、
覚えた英語をオンライン英会話のネイティブとのレッスンで、
使ってみることです。

 

 

 

 

 

 

 

 

おススメのオンライン英会話はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

にかほ市    白瀬南極探検隊記念館
オンライン英会話 ネイティブ
白瀬南極探検隊記念館は、にかほ市出身の探検家であり、日本人で初めて南極探検に挑んだ陸軍中尉白瀬矗(しらせ のぶ)の業績を祈念して平成2年に開館しました。展示室内南極探検史や、白瀬隊が南極探検で使用した資料のほか、ノルウェーのアムンセン、イギリスのスコット隊が繰り広げた南極点到達レースの探検記録などが展示されています。日本が南極探検に使用した雪上車なども展示されています。設計は建築家である黒川紀章氏です。