オンライン英会話 ネイティブ 鹿角市

オンライン英会話 ネイティブ
鹿角市は、秋田県の北東側にある市で、
人口は約三万人となっています。

 

近くの地域は、十和田八幡平国立公園
となっており、自然を楽しむのには、
とても良い環境にあります。

 

鹿角市は、特産品は多く、
ブランド米である「淡雪こまち」や
「萌えみのり」があり、郷土料理である
「きりたんぼ」の発祥の地となっています。

 

その他にも、松館しぼり大根、鹿角ホルモン、けいらん、
鹿角そば、と郷土食が豊富にありますので、ぜひ召し上がってみてください。

 

きっと、鹿角市に来た甲斐があったと、納得してくれると思います。

 

また、日本の滝百選に選ばれている茶釜の滝、
鹿角市鉱山歴史館、鹿角市先人顕彰館、

 

尾去沢鉱山跡を利用したテーマパークで史跡となっている尾去沢鉱山、
国の特別史跡となっている縄文遺跡の大湯環状列石があり、
考古学に関心のある方には、興味の尽きない場所と言って良いでしょう。

 

考古学に興味のある外国人なら、
鹿角市を訪れる機会が多いのではないでしょうか。

 

また、古い歴史を持つ街ですので、
国の重要無形民俗文化財となっている「花輪ばやし」や
「毛馬内の盆踊」、「大日堂舞楽」があります。

 

いずれも行事としては、古き良き伝統を伝えており、
見応えがありますので、ぜひご覧になっていただければと思います。

 

一方、市内には温泉地が多くあり、国民保養温泉地である
八幡平温泉郷を初めとして、大湯温泉、湯瀬温泉があります。

 

温泉が好きな方にはぜひ宿泊して、
露天風呂を堪能していただければと思います。

 

市内の歴史観光ガイドの方や、温泉旅館の受付の方は、
ネイティブなどの外国人が訪れた場合には、
英語での案内ができると外国人も安心すると思います。

 

 

英会話を勉強しようと思ったら、
オンライン英会話をおすすめします。

 

英会話スクールに通学する必要がないからです。

 

ところで、私は学習塾を経営しているので、多くの子供を見ています。

 

いろいろな子供がいます。
勉強に熱心な子供、親が言うままに来ている子供。
様々です。

 

熱心な子供というのは、少ないかもしれません。
進学塾ではありませんので、必死さはないのかもしれません。

 

でも月謝をいただいているわけですので、
勉強してほしいと思います。

 

中には、全くやる気のない子どももいます。

 

やる気のない子供を勉強する気持ちにさせるというのは、
かなり大変です。

 

勉強する子供より、倍以上の労力を要します。

 

これらの子供は、
ほとんど親のすすめで来ているのだと思います。

 

親も塾に行かせれば、成績が上がると思っているのです。
本当は、本人のやる気次第なのですけどね。

 

子供達、親を見ていると子供の勉強は、
親次第なのではないかなと思う事もあります。

 

塾に行かせるだけでなく、
勉強した内容をチェックするのも大切です。

 

そして褒めてあげて適切なアドバイスをするのも、
家の人の役目なのではないかと思います。

 

特に幼児の英語塾などは、
親の熱心さが必要になると思います。

 

算数、国語は学校でも勉強していますから、
何とかなります。

 

でも英語は普段全く聞くことがない言葉ですから、
日常に聞いていなければ話せません。

 

週1回の授業では、まず無理だと思います。
日常的に、英会話を聞いている環境が必要です。

 

決まった時間、
あるいは日常的に英会話のCDを流しておくようにしなければ、
英語が耳から入ってこないと思います。

 

特に幼児期の子供は、
日本語を覚えるように英語も覚えていきます。

 

この時大切なのは、親が英語を話さないという事らしいですね。
親は発音がネイティブではありませんので、できません。

 

変に教えると、
ジャパニーズイングリッシュを教えてしまう事になってしまいます。

 

ネイティブの英会話を習わせるのでしたら、
オンライン英会話が良いでしょう。

 

自宅でレッスンができますので、
親も脇で見ていることができます。

 

親が子供に英会話を学ばすには、
このように親も大変なのです。

 

塾に行けば話せるようになると思っていては、だめですね。

 

せっかく高い月謝を支払っているのですから、
親も自宅でできる範囲で、
子供の環境を作ってあげてほしいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 おススメのオンライン英会話はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

鹿角市   茶釜の滝
オンライン英会話 ネイティブ
「茶釜の滝」は、鹿角市を流れる夜明島川の夜明島渓谷に懸かる滝で、落差100mの落差のある滝です。「日本の滝100選」にも選ばれていますが、100選の中でも一番訪れるのが困難、と言われている秘境の滝です。秘境の滝ほど、見てみたくなるものですね。