ネイティブ講師 オンライン英会話 川崎市

英会話スクールを川崎市で探す前に

川崎市は、神奈川県の北東側にある市で、
人口約1500,000人の大都市です。

 

市内には寺社として、
川崎大師を初めとして、若宮八幡宮、
稲毛神社、白幡八幡大神、橘樹神社、
金山神社などがあり、年間を通じて、
参拝客でにぎわっています。

 

また、美術館には、川崎市市民ミュージアム、藤子・F・不二雄ミュージアム、
川崎市岡本太郎美術館、中村正義の美術館などがあり、
芸術を楽しめる街にもなっています。

 

一方、川崎市は、市内の臨海部を中心として京浜工業地帯の一角を占めており、
一大工場群が立地されています。

 

高炉を持つ大手鉄鋼メーカー、原油をトッパーで分離してできるナフサや
エタン、プロパンを使って製造する石油化学製品メーカー、
グルタミン酸ナトリウムを主原料として製造する調味料・食品メーカー、
産業機械から電子部品まで手掛ける総合電機メーカー、
トイレタリーや化粧品ではトップを行く大手化学メーカー、
総合エレクトロニクスメーカーなど、
日本を代表する製造業の工場群が並んでいます。

 

 

多くが大企業であり、
社員の中には海外事業担当の社員もいるのではないでしょうか。

 

それらの社員が、海外の支店に業務連絡などを行う際には、
言語は英語となるでしょう。

 

海外支店の社員の多くは、現地採用の外国人であることが、
一般的であるからです。

 

英会話も、必要になってくるでしょう。
英会話を習うなら、ネイティブの講師の居るオンライン英会話を
おすすめします。

 

ネイティブの英語なら、世界のどこでも通用するからです。

 

また川崎市は、イギリスのシェフィールド市、アメリカ合衆国の
ボルチモア市、オーストラリアのウロンゴン市とは、
姉妹都市となっています。

 

これらの市民の皆さんと川崎市の市民の皆さんが交流する時には、
会話は英語になるでしょう。

 

交流する川崎市の市民の皆さんが、英会話を習うのであれば、
ネイティブの先生からレッスンを受けるのが良いでしょう。

 

ネイティブと交流するなら、ネイティブから英会話を習うのが、
一番良いと思うからです。

 

ところで、日本もこの10年でも大分変りました。

 

グロ―バルな社会になりました。

 

多くの日本人が、世界に行き、また外国人が観光でも来るようになりました。
日本に来る外国人は、中国人や韓国人、ネイティブを初め、
多くの国からきます。

 

これらの外国人に日本を案内しようと思ったら、
英語が共通語になるでしょう。

 

英会話を習うなら、オンライン英会話をおすすめします。
ネイティブの講師のいるオンライン英会話が、良いのではないでしょうか。

 

ネイティブは、世界の英語の標準語を話すからです。

 

どんどん世界に目を向けていかなければなりませんね。

 

特にスポーツの世界でも、日本人が活躍する酔いになりました。

 

テニスの錦織圭選手、フィギャースケートの羽生結弦選手、
サッカーの本田圭佑選手など、数え上げたらきりがありません。

 

世界に羽ばたく選手に共通していることは英語が流暢であることですね。

 

やはり語学は基本のようです。できて当たり前、出来なければ試合にも勝てません。

 

私達もこれからは、英語を話せるようになりたいですね。

 

通学式のスクールをお探しのあなたに、オンライン英会話をおすすめします。

 

オンライン英会話は自宅で出来ますので、
通うこともなく空いた時間にレッスンが出来ます。

 

ネイティブの講師も、毎回好きな先生を選ぶこともできます。

 

料金はマンツーマンのレッスンが、
一般の英会話スクールよりもはるかに格安です。

 

まず、無料のレッスンがありますから、
体験をして自分にあったスクールを探してみてください。

 

 

 

 

 

<<おススメのオンライン英会話はこちら>>

 

 

 

 

 

 

 

川崎フロンターレ
オンライン英会話 ネイティブ
川崎でサッカーと言ったら、川崎フロンターレですね。チームスローガンは「Wing -勝利に向かって進み続ける-」です。長年在籍してきた黒津選手が、横浜FCへ移籍しました。前年に主力として活躍した山瀬選手が、京都へ移籍しました。同じくシーズン中半から栃木へ期限付きで移籍していた田中選手が鳥取に、安藤選手は湘南へ移籍しました。選手の移動が多いですが、川崎フロンターレには、がんばって欲しいですね。