オンライン英会話 ネイティブ 敦賀市

敦賀市は、福井県の敦賀湾に面した、
人口約6万5千人の市です。

 

市のお土産品は、昆布加工品、
蒲鉾、ニシン寿司、小鯛のささ漬、
などがあります。

 

敦賀市の特徴は、
なんと言っても原子力発電関係の設備が立地していることでしょう。

 

市内には、鉾島や東尋坊などの変化に富んだ海岸のある越前加賀海岸国定公園、
リアス式海岸で三方海域公園がある若狭湾国定公園があり、
雄大な海岸線があります。

 

敦賀市に行った時には、この雄大なリアス式海岸を見学すれば、
きっと感動していただけると思います。

 

また、絶壁で有名な門ヶ崎、
日本三大松原の1つで国の名勝となっている気比松原、
黒河渓谷など、自然の名勝に恵まれています。

 

多くの歴史も残っており、
国の史跡となっている金ヶ崎城跡、玄蕃尾城跡、中郷古墳群、武田耕雲斎等墓、
その他にも、穴地蔵古墳、立洞古墳、敦賀城跡、幸臨寺跡、愛発関跡、
国の名勝となっている柴田氏庭園、などがあります。

 

神社には、常宮神社、氣比神宮、天満神社、晴明神社や、
庭園が国の名勝に指定されている西福寺があり、
参拝、見学の人々が絶えません。

 

敦賀市の歴史と名勝を、観光の際にはぜひご覧になることを、おすすめします。

 

歴史を残す博物館も、敦賀市立博物館、紙わらべ資料館、きらめきみなと館、
みなとつるが山車会館、などがあります。

 

福井県を訪れた外国人であれば、
きっと市内のこれらの観光名所を見学するでしょう。

 

観光ガイド係の方は、英語で市内を紹介したいですね。

 

英会話を習うなら、オンライン英会話をおすすめします。
店舗型の英会話スクールと比較して、
レッスン料金がとても安いからです。

 

ところで、私も、海外旅行が大好きです。
仕事の合間に時間を見つけては、
短期にでもちょっと行ってしまいます。

 

東南アジアでしたら、国内旅行と同じように
時間も料金もかかりませんのですぐに行けますね。

 

今は格安なチケットを取れば、
驚くような格安料金でも行けます。

 

東南アジアはやはりアジアですから、
ヨーロッパとはちがう親しみがあります。
それに何と言っても、食はおいしいですね。

 

海外旅行の好きな人の共通点は、
食に好き嫌いがないという事かなと、
常々思いますがこれは本当ですね。

 

海外で食事が合わないという人の多くは、
香辛料の違いと食用油の違いかなと思います。

 

この香辛料と油が食べようと思っても受け付けず、
旅行中おなかをこわしてしまうようです。

 

私は食に関してはかなり貪欲な方で、
海外に行く楽しみの一つになっていますので、
海外旅行が好きなのだと思います。

 

海外でおいしいものを食べようと思い、旅行に出るのですが、
世界の一番おいしい食材は、「築地」に来ると聞きます。

 

海外で珍しいものなど現地ならではのものを、
食べるのは楽しみですが、
おいしいものでしたら東京でも食べられそうです。

 

ちょっと長期の休みには、ヨーロッパに行きます。
フランス、ドイツ、イタリアなどのから
東欧のチェコ、オーストリアなども行ってきました。

 

トルコには行ってみたいと思っていましたが、
政治情勢が良くないので行けなくなってしまいました。
これから行ける時が、来るでしょうか。

 

これからもいろいろな所を、訪ねてみようと思っています。

 

海外に行ってしばしば感じるのは、
日本の「おもてなし」が素晴らしいという事です。

 

海外に出て知る日本の良さ、の再発見です。

 

海外では働く人の人権もかなり尊重されていますので、
日本ほどお客にやさしくはありません。

 

お店なども閉店時間間際に行ったりすると、
露骨に嫌がれます。

 

これに比べると日本のあまりに「お客様は神様です」が、
ちょっと行き過ぎと思う事もあります。

 

海外に出てみると、日本人の優しい心や食の安全、
おいしさなどを、改めて知ることになります。

 

世界に出て日本は世界で一番住みやすい所だと、
再発見するのもまた良い事ですね。

 

でも、旅行を楽しむなら、オンライン英会話で、
英会話の練習を十分に行っておく必要はありますね。

 

ネイティブの先生のいるオンライン英会話で、
世界に通じる英会話を学んでみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 おススメのオンライン英会話はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

敦賀市  晴明神社
オンライン英会話 ネイティブ
安倍晴明神社は、平安中期の陰陽師で謎の人物とされた安倍晴明にちなんだ神社です。ここで過ごし、天文学・地文学の研究を行ったといわれています。晴明が占いに用いたという「祈念石」が、ご神体として祭壇床下に安置されています。賽銭を投げて石の上に乗ると、願いが通じるといわれています。