オンライン英会話 ネイティブ

五所川原市は、青森県の西側にあり、
津軽半島の南部に位置しています。

 

人口は、約5万2千人を擁しています。

 

農業では、りんごと稲作、
漁業では、十三湖のヤマトシジミが
名産品として知られています。

 

工業では、青森テクノポリスハイテク工業団地漆川
を造って、会社の誘致に力を入れており、
30以上の事業所や工場が立地しています。

 

自然が豊かで、津軽国定公園内には十三湖があり、
芦野池沼群県立自然公園は、日本さくら名所100選に選ばれています。

 

また、ため池百選の藤枝ため池、境野沢ため池や、
県の天然記念物に指定されている金木町玉鹿石は、見事です。

 

市内には史跡が少なからず残っており、
国の史跡の指定を受けているのは、十三湊遺跡や五所川原須恵器窯跡、
があります。

 

その他、城跡として福島城跡、唐川城跡が残っていますし、
神社には、元町八幡宮、石塔山荒覇吐神社、飯詰八幡宮、
山王坊日吉神社があり、観光におすすめの箇所になっています。

 

市の歴史に興味のある方なら、
国の重要文化財に指定されている太宰治記念館 「斜陽館」、
金木歴史民俗資料館、市浦歴史民俗資料館、歴史民俗資料館、
立佞武多の館がおすすめです。

 

日本に観光に来た外国人が津軽半島を訪れたら、
必ずや市内を観光するでしょう。

 

観光ガイドやお土産屋さんは、英語で案内したいですね。

 

英会話を習うなら、オンライン英会話をおすすめします。
市内のどこに居ても、ネイティブと英会話レッスンができるからです。

 

ところで、語学を勉強していると、やはり留学したくなりますね。

 

留学も単に自分のプロフィールのためでは無意味ですが、
勉強のためなら、ぜひしたほうが良いと思います。

 

今まで勉強したことがネイティブにどのくらい通用するのか、
あるいは全く役に立たないのか、知るのも勉強になります。

 

いきなり1年間や、2年間というのに心配であれば
2月や3月などの短期間でも良いかと思います。

 

短期間の留学で自分の足りなかった勉強なども、
わかると思います。

 

わかった上での勉強をすれば、効果は上がります。
また、モチベーションのアップにもなりますね。

 

オンライン英会話でネイティブの先生と勉強をしてから、
また留学してみるのもいいと思います。
オンライン英会話 ネイティブ
無意味に2,3年長期に留学するならば、
この方が良いと思います。

 

また留学には、いろいろな良い点があると思います。

 

何といっても、ネイティブの世界で、
自分の力で生きていくという事です。

 

経済的には援助してもらったとしても、
精神面ではかなり強くなければなりません。

 

中には「言葉の知らない外国に留学なんて考えられない。」
というような人もたくさんいます。

 

やはり見知らぬ外国で、ネイティブに囲まれて、
生活していくという事だけでも大きな体験になりますね。

 

留学でやはり気をつけたいのは、
せっかく言葉を身につけたいと留学するのですから、
日本人同士ばかりでグループにならないことですね。

 

日本人は日本人同士で固まっているというのを、
良く聞きます。

 

これでは、英会話も上達しませんね。

 

留学生の寮やアパートに住むのも良いですが、
一般の家庭にホームステイするのがおススメです。

 

ホームステイでは常にホームステイ先のネイティブと、
コミュニケーションを取らなければなりませんから、
日常会話を実践的に覚えていきます。

 

話さなければ生活ができませんから、
嫌でも話し方を覚えていくことになります。

 

日本人同士のアパートで暮らしていたら、
学校で学んだ英語を復習するくらいで、
夜には日本語で話す毎日を送ることになります。

 

留学するにも「英語を話せるようになる」、
という強い信念がなければ英会話を取得できません。

 

オンライン英会話での下準備は、
とても大切という事になります。

 

 

 

 

 

 

 

 おススメのオンライン英会話はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

五所川原  旧津島家住宅 太宰治記念館 「斜陽館」

 

小説家太宰治の生家で現在は、五所川原市太宰治記念館「斜陽館」として、国の重要文化財に指定されています。太宰治の父の津島源右衛門が建て、米蔵にいたるまで日本三大美林の青森ヒバを使い見るからに重厚な見事な作りになっています。全国から多くの太宰ファンが訪れ、展示室で写真や原稿をはじめ、マントや帽子などの太宰が愛用した品々見ていきます。