オンライン英会話 ネイティブ 黒石市

黒石市は、青森県のほぼ中央に位置し、
人口が約3万2千人の市です。

 

十和田八幡平国立公園の北西側にあり、
多くの自然の観光スポットがあります。

 

市内の鉄道には、弘南鉄道弘南線
があり、観光の大切な移動手段と
なっています。

 

紅葉の名所である紅葉山、沖浦ダムのある虹の湖公園は、
風景がとても美しいのでぜひ見学してみてください。

 

また、黒石市内に宿泊するなら、
落合温泉、長寿温泉、板留温泉、温湯温泉、青荷温泉からなる黒石温泉郷が、
自然に包まれた温泉街となっており、紅葉を見ながら温泉に浸る事ができますので、
おすすめの宿泊地です。

 

また、黒石市中町は重要伝統的建造物群保存地区となっており、
江戸時代のアーケードである中町こみせ通りと共に、
歴史ある街となっていることが良く分かります。

 

その中町にある歴史的建物である高橋家住宅は、
国の重要文化財となっていますので、ご覧になってみてください。

 

神社には、津軽信英を祀る黒石神社や、鐘楼堂のある法眼寺があり、
街の象徴とも言える場所になっており、

 

更に史料館には、津軽こけし館、津軽伝承工芸館、秋田雨雀記念館、津軽茶道美術館、
があり、石黒市の伝統が良く分かりますので、訪ねてみると良いでしょう。

 

一方、黒石市はアメリカ合衆国のワシントン州にある
ウェナッチ市とは姉妹都市の関係にあります。

 

ウェナッチ市の市民の皆さんが、国際交流のために黒石市を訪れたら、
市役所の担当や市民の皆さんが、市内を案内することになるでしょう。

 

交流は、英語を通じてとなりますね。

 

英会話を習おうと志すなら、ネイティブの先生のいる
オンライン英会話をおすすめします。

 

オンライン英会話なら、市内のどこにいても英会話レッスンを
受ける事ができるからです。

 

ところで、英会話が流暢に話せたら問題ないのですが、
その前にちょっとしたことがネイティブに話せない、と感じませんか?

 

それは簡単な一言なのです。

 

英会話集で習ったような長いフレーズでは無く、
ちょっとした事です。

 

でもこの一言が、ネイティブとの会話で、
本当は一番使って役に立つ英語だったりするのですよね。

 

例えば

 

ちょっとネイティブが、自分にぶつかってきた時、
「大丈夫ですよ。」というような時。

 

あるいはエレベーターに乗り合わせた時に、
「お先にどうぞ」というような言葉。

 

またはネイティブに物を渡す時に、
「どうぞ」とい言いたい時など。

 

こんな時にとっさに英語で言えるかというと、
なかなか出るものではありません。

 

何と言って良いのか、分からないのです。

 

大丈夫ですというには、
That's OK. や It's OK と言います。

 

順番待ちで並んでいる時に、
良く前の人や後ろの人にぶつかったりしてしまいます。

 

この時、ネイティブはきっとI'm sorry と言ってくるでしょう。
こちらが笑顔でいれば怒っていないと分かりますが、
That's OK.と言えば、もっと心がほぐれます。

 

そこから、話が弾むかもしれませんね

 

「お先にどうぞ」は、After you.

 

こんな言葉が出れば、
日本人のやさしさにネイティブは感激するでしょう。

 

物を渡す時は、Here you are.

 

あげたいものがあっても、何と言って良いかわからず、
ぶっきらぼうに物を差し出すより、
Here you are.と言ってあげれば喜びも倍になりますね。

 

ビジネスで英会話を使っている人や、
たびたび海外旅行に言っている人は、
常に英語を必要としていますが、
日本にいる限り、英語を必要とする事は滅多にありません。

 

英語が必要なのは、
前に書いた様な、ほんの一言なのです。

 

この一言をどう言うのか分からないので、
英語ができないというような気持になってしまいます。

 

いわゆる「とっさのひとこと」が、大切ですね。
これは、単純に覚えるしかありません。

 

私は困った時は必ず調べて、次に同じ場面に遭遇した時は、
ネイティブの前で必ず言えるようにします。

 

そのために口に出して、
何十回、何百回となく繰り返します。
とっさに言えるまで、練習するのです。

 

これを繰り返していくと、
自然に英語も話せるようになってきます。

 

最後は、オンライン英会話のネイティブの講師の前で、
言えることを確認してみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 おススメのオンライン英会話はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

黒石市  津軽こけし館
オンライン英会話 ネイティブ
津軽こけし館は、津軽系こけしや全国のこけし約4000点や、約5,000点もの木製玩具の展示もされています。日本一の大きさのこけしや、棟方志功が絵付けをしたこけしの展示もあります。また、平成時代になって、隣接したところに津軽伝承工芸館がオープンしました。