オンライン英会話 ネイティブ 北広島市

北広島市は、北海道の石狩振興局
にある市です。

 

人口は、約5万9千人となっています。

 

道営の北広島団地が造成され始めた
1970年代から2000年代にかけて、
人口は1万人から6万人に急激に増加しました。

 

農業では、新しい農業おこしを目指して、観光農園を行っています。
また、名産品として赤毛米や、まるひろ大根があります。

 

レジャー産業も盛んで、北広島市自然の森キャンプ場、
北広島レクリエーションの森やスキー場であるダイナスティスキーリゾート
があります。ゴルフ場は8つもあるほどです。

 

冬季でも夏季でも、大自然の中でレジャーを満喫できるのが、
北広島市です。

 

観光名所では、札幌八幡宮、廣島神社、大曲神社、輪厚神社、
北の里八幡神社、仁別神社などがあり、お正月での初詣、
子供の七五三などのお祝い事の時に、参拝客で賑わいます。

 

北海道に行ったら、ぜひ北広島市の観光名所を観光してみてください。

 

第2次産業では、北広島輪厚工業団地、大曲新工業団地、広島工業団地、
広島第2工業団地、大曲第3工業団地、大曲工業団地があり、
多くの従業員の方が働いています。

 

これらの工業団地には、食品物流会社、茶製品販売会社、
住宅総合メーカー、建設会社、塗料メーカー、ガラス製造販売会社、
農薬製造会社、建機レンタル会社などの事業所や工場が、
立地しているのです。

 

従業員の中には、海外輸出に関わっている方もいると思います。
外国との取引は、英語を通じてとなりますね。

 

英会話を必要となるなら、オンライン英会話によるレッスンを
おすすめします。

 

北広島市市内のどこに居ても、レッスンができるからです。

 

ところで、英会話にも当てはまりますが、
継続は力なり!という言葉は、
すべての習い事、勉強に繋がりますね。

 

あなたは英会話の勉強、毎日していますか?
そんな私も、自分に言い聞かせながら勉強しています。

 

どんなに勉強しても一時的なものでは、
身につかないのです。

 

例えば、急に英会話が必要になり、
一気に勉強して話せるようになったとします。

 

その時は、きっと不自由なく話せるでしょう。
でも、もしそこで英会話が必要でなくなったとして、
勉強をやめてしまったとします。

 

そうすると、意外に早く忘れてしまいます。
後で話せるようになったからと言って、
話そうと思っても話せません。

 

瞬間に身につけたものは、すぐに忘れてしまうのです。

 

徐々にですがゆっくりと覚えたものは、
身につき覚えているものです。

 

しかも覚えたことを、毎日復習していくことが大切ですね。
常に目に触れ、口で言ってみることが重要です。

 

例えば、ピアノでもそうです。
発表会に合わせて、曲を練習したとします。

 

発表会までには、何度も練習してかなり弾きこみます。

 

発表会当日はドキドキしながらも、
今までの練習の成果を発揮して、
立派に弾けることができました。

 

その後は、どうでしょうか。

 

一か月後には、もう忘れているでしょう。
発表会が終わったから、もうその曲は練習しないからです。

 

せっかく弾けるようにまで練習したのですから、
毎日1回ずつでも弾いていたら忘れません。

 

そしてそれを次の発表会までの1年間、
毎日1回ずつ弾いていたら、
きっと体や指が覚えていつでも弾けるようになると思います。

 

このように、何でも継続が一番大切ですね。
毎日20分の勉強が、良いと思います。

 

10分ではちょっと足りないし、
30分というとちょっと大変です。
気分的にも、20分が良いと思っています。

 

できる時は、1時間勉強するのが理想ですね。

 

私はオンライン英会話レッスンする時は、
1時間の勉強にしています。

 

オンライン英会話でも30分レッスンし、
30分復習すれば1時間になります。

 

でもどうしても勉強したくない日は、
テキストをパラリとめくって終わりにします。

 

ネイティブの先生から楽しく勉強することが大切ですので、
無理はしないようにしています。

 

 

 

 

 

 

 おススメのオンライン英会話はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

北広島市  旧島松駅逓所:クラーク博士記念碑・寒地稲作発祥の地碑
オンライン英会話 ネイティブ
北広島市(きたひろしまし)は、北海道の札幌市の南東に隣接する市で、1996年に市に移行しました。旧島松駅逓所は、幌農学校の初代教頭ウイリアム・スミス・クラークが、帰国の際に「青年よ、大志を抱け(Boys, be ambitious.)」という言葉を残した場所としても知られています。駅逓とは、、駅舎と人馬を備えて、宿泊と運送の為の宿泊施設で、開拓期の北海道で重要な役割を果たしました。 開拓時代の北海道では、このような宿泊施設が各地に設置されていったのです。