英会話 江別

ネイティブ

江別市は、北海道の石狩振興局地域にあり、
人口が約11万8千人となっています。

 

札幌市から近くにあるため、
札幌のベットタウンとして発展
してきました。

 

市内には、江別第1工業団地、
江別第2工業団地、江別RTNパークの
工業団地があり、製造業や情報IT企業が
立地しています。

 

これらの企業の社員の中には、
海外とのビジネスに携わっている方も居ると思います。
海外との連絡は、英語を通じてとなりますね。

 

また、北海道情報大学、札幌学院大学、北翔大学、酪農学園大学があり、
学生の街にもなっています。

 

大学を卒業すれば、将来の社会生活の中で英語が必要となってくる事が、
多いでしょう。

 

そのような市内の会社員の皆さんや学生の皆さんが英会話を習うなら、
オンライン英会話をおすすめします。

 

オンライン英会話なら江別市内のどこに居ても、
英会話レッスンを受けることができるからです。

 

ただし、習い事を続けるには、いろいろな条件があります。
料金はもちろんですし、通い易いことも大切です。

 

私が英会話スクールに通い続けているのは、
英会話スクールのネイティブ講師の人柄に、
惹かれているからです。

 

もうスクールも辞めようかなと思う時も、
講師の顔を見るとまた続けようと思います。

 

スクールに入っていくと、必ず声をかけてくれます。
春ならば「桜が綺麗になってきたね」とか、
夏ならば「今日の暑さは特別だね」とか。

 

雨が降っていれば「濡れなかった?」とか、
風の強い日には「飛ばされなかった?」とか、
冗談も交えて声をかけてくれます。

 

そして家での英会話の勉強のことや、
簡単な質問にも答えてくれます。

 

この簡単なスモールトークが、
とても楽しいのです。

 

以前他の英会話スクールを見学に行った時、
時間まで椅子に座っていましたが、
受付のスタッフもネイティブの講師も、
何も私に話してきませんでした。

 

体験の時間までネイティブの講師も本を読んでいるだけで、
机に座っています。

 

スタッフからは、ぜひ入会してくださいという
気持ちも伝わってきません。

 

時間になったら教室に通されて、
簡単なレッスンをしました。

 

でも「私は、この仕事と割り切り時間以外は話しません」といった、
講師の態度に教えてもらうような気分にはなりませんでした。

 

今レッスンを受けている講師は、
人間的にもとても魅力のある講師だと思います。

 

趣味で、音楽を楽しんでいるようです。
簡単なミニライブをして、
毎日を生き生きと生きているようです。

 

こんな先生とたくさんお話ができるようにと、
英会話の勉強も進みます。
英会話の勉強が、苦にならないのです。

 

こうした英会話講師と勉強していると、
英会話は目的でなくコミュニケーションの手段であると実感します。

 

英会話が目的であると勉強もつまらないものになりますが、
何かを成し遂げるための一つの手段であると考えると、
励みになります。

 

私のネイティブの講師は、
そんなことを実践して教えてくれているのかもしれませんね。

 

オンライン英会話のスクールもネイティブの講師選びも、
とても大切ですね。

 

 

 

 

 

 

 

<<おススメのオンライン英会話はこちら>>

 

 

 

 

 

 

 

 

江別市  野幌森林公園
オンライン英会話 ネイティブ
別別市、札幌市厚別区、北広島市の3市にまたがる、広い天然林を中心にした公園です。昭和の森自然休養林や鳥獣保護区に指定されていて、遊歩道を歩くと自然を満喫することができるようになっています。百年記念塔(記念塔口)、自然ふれあい交流館(大沢口)、開拓記念館などの施設がありますので、歩いてみてください。