英会話 草加

草加市は、埼玉県の南東側にある市で、
人口は約25万人となっています。

 

関東平野のほぼ中央にあり、
市内には、綾瀬川、伝右川、中川、
毛長川、辰井川、古綾瀬川が流れています。

 

そのため、低地帯が多くなっています。

 

江戸時代には、日光街道と奥州街道の
宿宿として栄え、今に続いています。

 

神社には、草加神社と真言宗の東福寺があり、
参拝者が絶えません。

 

市の名産品として、草加煎餅が全国的に有名であり、
その他にも、紙加工品、くわい、皮革、地球儀、ゆかた、
などがあります。

 

旧日光街道にある草加松原は、国の指定の名勝となっており、
綾瀬川沿いに松並木は1km以上に亘って続いています。

 

遊歩道の途中には百代橋や矢立橋があり、
車道と直接交差しないように工夫されています。

 

また、そうか公園には、全天候型のテニスコートや、
オープンスペースとして自由広場があり、
四季の草花も多く、市民の憩いの場所となっています。

 

アメリカ合衆国のカリフォルニア州
にあるカーソン市とは、
姉妹都市となっています。

 

カーソン市の市民の皆さんが草加市を親善のために訪れたら、
草加市民の皆さんは、英語で歓迎することになると思います。

 

草加市民の皆さんがその時のために英会話を習うのでしたら、
オンライン英会話の中でも、ネイティブの講師のいる
スクールをおすすめします。

 

ネイティブと会話するのであれば、ネイティブの講師から
英会話を教えてもらうのが最も早道と思いからです。

 

ところで、英会話を勉強する中で、
英単語を覚えるのに苦労したというのは、
誰にでもありますね。

 

また実際に今も苦労している、
というのではないでしょうか。

 

私も単語は、いちばん大変ですね。
単語が分からなければ、どうにもなりません。

 

単語は、重要ですね。

 

英語ができなくてもいざとなったら、
単語の羅列でも何とか通じますから。

 

指さし英会話のようなものがありますが、
これに単語が加われば何とかなります。

 

ですから単語は、何としても覚えたいものですね。

 

単語の覚え方として、
毎日5単語とか10単語を必ず覚えるといった方法が、
良く取られます。

 

私もこの方法も、試してみました。
でも、難しかったですね。

 

毎日10単語やったとして、10日で100単語

 

1日の単語を、しっかり覚えるように学びます。
フレーズで、覚えたりもします。

 

例えば3000語の1冊の単語集を終えるのには、
1日10単語として300日かかります。
30単語としても、100日かかります。

 

1冊が終わって2回目の繰り返し勉強の頃には、
すっかり忘れています。

 

人それぞれのやり方があると思いますが、
私は覚えられませんでしたね。

 

また、少し飽きるのです。
飽きたらまた繰り返せばいいのですが、
なかなか続けるのは大変です。

 

単語を覚えるのは単調な作業の連続なのですが、
やはり飽きますね。

 

私の単語の覚え方でいいと思うのは、
単語を繰り返し毎日見るという方法です。

 

まず1冊の単語集を、
一週間くらいでざっと覚えます。

 

3000語の単語集を1週間で見るのですから、
1個の単語にかける時間はかなり少ないです。

 

1日で500単語を覚えます。
ざっと見る感じです。

 

この時に覚えることは、なかなか難しいですね。
1冊最後まで勉強したら、
次からは3日くらいで1冊を見直します。

 

2回目、3回目くらいに、
だんだん見て覚えていく単語が増えていきます。

 

3日に1回見ると、結構単語を見ている気になります。
何度も見ることで、覚えていくのです。

 

これは1つの単語をじっくり勉強して、
3か月後にまた勉強するよりはるかに覚えます。

 

つまりじっくり勉強より、回数の勉強です。
単語の勉強は、回数かなと思います。

 

例えば「りんご」をいろいろな角度から
じっくり「apple」と覚え、
3か月後に「apple」とまた覚えるより、

 

毎日apple、apple、appleと、
何度も言った方が覚えると思うのです。
単語を覚えるお奨めの方法です。

 

単語を覚えたら、
オンライン英会話のネイティブの先生との会話で、
文章として使ってみる様にしています。

 

 

 

 

 

 

 

<<おススメのオンライン英会話はこちら>>

 

 

 

 

 

 

 

草加市    草加せんべい
オンライン英会話 ネイティブ
草加せんべいは、市の代表的な名産物として全国的に名が知られています。草加は昔から米どころと言われ、多くの米が取れたことから、保存食として作っていました。 醤油が普及し始めた事で、焼いたせんべいに醤油を塗り、美味しさを増しました。また「せんべい」と「あられ」の違いは、お米を蒸して焼き上げたものを「せんべい」といい、もち米をついて焼き上げたものを「あられ」といいます。