英会話,秦野

秦野市は、神奈川県の西寄りにある市で、
人口は約16万5千人となっています。

 

秦野市では、第二次世界大戦後、
工場の誘致を行い、現在では、
大手電機メーカー、精密機器メーカー、
自動車や電子機器のメーカーなどの工場が、
立地しています。

 

社員の中には、海外輸出の担当部門の方も居ると思います。
そのような方は、海外とのやり取りは英語で行っていると思います。

 

英会話を習うのであれば、ネイティブの講師のいる
オンライン英会話(スカイプ英会話)をお勧めします。

 

ネイティブであれば、世界標準の英語をレッスンしてくれるからです。

 

ところで、私も短期間に行ける所などを中心に、
海外旅行にいろいろ行きました。

 

台湾、シンガポール、ドバイなどでしたら、
3、4泊で行けます。

 

長期の休暇は取れませんのでこのくらいの日程ですと、
思い立ったら行ける所です。

 

ドバイは進化を続けていて、
2020年にまた行きたいと思っています。

 

シンガポールは、街並みが綺麗で驚きました。

 

東京でも、たばこのポイ捨てに罰金が掛けられるようになりましたが、
シンガポールではゴミも禁止です。

 

ゴミやたばこのポイ捨てに、罰金が掛けられていますので、
街にゴミが落ちていません。

 

中心街も緑が多く、住むには快適な所のように思います。

 

海外のネイティブのセレブが来ていますので、
ブランドショップも立ち並んでいます。

 

私も友人と街中をぶらぶらと観光しながら、
歩いていました。

 

ちょっと私たちには、手の出そうにもない物ばかりです。
ほとんど、ウインドショッピングです。

 

私たちが買い物できそうなところもたくさんありますから、
私たちはそんな所で買い物をします。

 

店員の人も、気楽に声をかけてきます。
ほとんど「May I help you ? 」ですが、
私たちを見ると、「ニーハオ」とか、「アニョハセヨ」とか、
言ってきます。

 

私たち日本人は、韓国人と中国人に間違われることが多いですね。

 

顔を見ると似ていますから、区別がつかないのでしょうね。
その後に、「こんにちは」と言ってきます。

 

日本人と分かると、店員は日本語で対応してきます。
簡単な日本語ですが、対応してくれます。

 

きっと韓国人には韓国語で、
中国人には中国語で話しているのだ、と思いました。

 

毎日が外国人とのやり取りでなっているような人は、
外国語は生活のために必須なのですね。

 

趣味で英会話を学んでいる人とは、
危機感が全く違います。

 

韓国人か中国人に間違われることがほとんどですが、
ある時、私の顔をみながら「ナマステ」と言われたことがありました。

 

えっと、びっくりしました。
私はインド人に間違えられたの?
と思いました。

 

どこで、インド人と思ったのでしょうか?

 

お店の人が面白がってなんでも言ってみたのかと思いますが、
インド人に間違えられたらびっくりですね。

 

英語はほとんどの観光地で通じますから、
英語だけは話せるようにしておくと良いですね。

 

私も、オンライン英会話で英語を習っています。

 

 

 

 

 

 

<<おススメのオンライン英会話はこちら>>

 

 

 

 

 

 

 

 

秦野市  陣屋旅館
オンライン英会話 ネイティブ
秦野市の鶴巻温泉にある旅館で、正式には元湯・陣屋といいますが、良く陣屋旅館と言われています。宮崎駿が子供の頃にこの旅館で過ごし、「となりのトトロ」、「千と千尋の神隠し」の発想の元になったと言われています。旅館内の庭には、楠の木のイメージになったとされる「トトロの木」があります。また、将棋の名人戦や竜王戦などが、この旅館で頻繁に行われています。