英会話 紋別

紋別市は、北海道のオホーツク海に面した市で、
人口が約2万2千人となっています。

 

市内には、重要港湾になっている紋別港があり、
毛ガニやホタテの水揚げがあります。

 

冬になると、流氷が接岸することから、
観光の街になっています。

 

文化施設、旧跡には、有形文化財である
旧上藻別駅逓所を初め、紋別流紋岩、
紋別市栄遺跡、小向原生花園、
オムサロ台地竪穴群がありますので、北海道の歴史をご覧になってください。

 

また、おすすめ見学コースとして、北海道立オホーツク流氷科学センター、
オホーツクとっかりセンター、オムサロ遺跡公園、オムサロ原生花園、
オホーツクスカイタワー、など紋別市ならではの見どころが数多くありますので、
ぜひ見学することをおすすめします。

 

お祭りは、2月に行われるもんべつ流氷まつりや、
夏には、もんべつ観光港まつり、そして秋には、もんべつグルメまつり、
があり、一年を通じて北海道良さを満喫できるようになっています。

 

夏、冬共に以下のようなレジャーも楽しめますので、
お祭りと合わせて、楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

夏なら、コムケ国際キャンプ場、オホーツク庭園、大山山頂園、
森林公園は、いかがでしょう。
そして、冬には紋別市営大山スキー場があります。

 

一方、紋別市は、
アメリカ合衆国のオレゴン州にあるニューポート市や、アラスカ州にある
フェアバンクス市とは姉妹都市となっています。

 

ニューポート市やフェアバンクス市の市民の皆さんが、
紋別市を親善のために表敬訪問された時は、
紋別市の皆さんが市内を英語で案内する事になるでしょう。

 

そのような方が、英会話を習おうとするなら、
オンライン英会話をおすすめします。

 

紋別市のどこにいても、英会話レッスンができるからです。

 

ところで、英会話を勉強していると、いろいろな事があります。

 

講師とお話ししている中で、
一番心に残っている言葉があります。

 

英会話教室の先生に、
「英会話は筋トレと同じです。」
と言われた言葉です。

 

なかなか英会話が上達しなくて、
先生に「もっと上達するにはどうしたら良いですか?」
と相談した時の先生の言われた言葉でした。

 

最初は筋トレと英会話はどう繋がるのかなと、
思いました。

 

講師はとにかく毎日毎日コツコツと頑張ることです、
と言ったように思います。

 

筋トレも、1日だけで効果がみられるという事はありません。
毎日することで、1週間、1か月、1年という年月を練習して、
筋肉がついていきます。

 

自分でも筋肉がついてきていることは、なかなか分かりません。

 

ひたすら毎日、筋トレします。
毎日筋トレしていく中で、ある日筋肉がついてきたかなと、
感じる時が来ます。

 

ここまでに行くまでが、なかなか苦痛なのです。
効果を感じることがないのに、毎日筋トレするのですから。
でも見えない中にも、筋肉は徐々についているのです。

 

英会話も講師はこの筋トレにたとえて、言ったのだと思います。
上達する、しない、とか言ってないで、毎日練習しましょう、
ということだと思います。

 

しかもあれこれと理屈をこねないで、勉強するのです。

 

毎日、単語も必ず勉強する。
英会話のフレーズも、コツコツと勉強する。
音読も、必ずする。

 

と言うように自分の決めた勉強を、
コツコツとしていくことです。

 

途中で必ず効果が上がっているのだろうか、
というような気持ちに襲われます。
筋トレと同じように、すぐには効果が表れないからです。

 

モチベーションを保ちつつコツコツと勉強していくと、
ある時やはりちょっと話せるようになったかなと、
感じる時が来ます。

 

この瞬間を感じることができたら、もう大丈夫です。
頑張れば効果が表れる、という事を知ったからです。

 

勉強は、面白くなっていくはずです。
筋肉のついた自分の体が自慢になるように、
英会話もどんどん話してみたくなるようになります。

 

この時が来るまで、
オンライン英会話を筋トレと思って頑張ってみてはどうでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

<<おススメのオンライン英会話はこちら>>

 

 

 

 

 

 

 

 

紋別市   北海道立オホーツク流氷科学センター
オンライン英会話 ネイティブ
この博物館は、平成時代になってから、子どもの為に流氷や海洋に関する科学の知識を深めるために設置されました。映像や展示物を通して、流氷についてわかりやすく学べるようになっており、厳寒体験室やアストロビジョンの体験も出来ます。クリオネの展示施設もあり、親子揃って楽しめる施設になっています。