英会話 君津

君津市は、千葉県の南部にある市で、
人口は約8万3千人を有しています。

 

東京湾沿いは、新日鉄住金を初めとする
重工業地帯となっています。

 

工場で働く社員の中には、
海外輸出先との窓口部門に所属している方も、
いると思います。

 

鉄鋼製品は、産業の基礎材料ですので、多くの輸出先があるでしょう。

 

そのような窓口部門で働く社員が、世界とのコミュニケーションに使う言語は、
英語となりますね。

 

そのような方が英会話の習得を目指すなら、オンライン英会話をお奨めします。
工場内でも、自宅でも、英会話レッスンができるからです。

 

ところで、英会話を学んでいて驚く事は、
日本のように目上の人に使う様な尊敬語という様なものが無い事です。

 

私はいつも英会話を話しながら、
失礼な言葉を使っているのではないかなと不安でした。

 

日本では目上の人に対しての言葉使い、
お客様に対しての言い方などを、常に注意されるからです。

 

丁寧な言葉使いは、
言われる人にも、言う人側からでも気持ちの良いものです。

 

こういう教育を受けた日本人には、
なかなか英語のようにはいかないものです。

 

特に先生に対しても、
名前で言う習慣はあり得ませんね。

 

アメリカでは、先生でも名前で言います。
トム先生だったら、「トム」です。

 

日本で例えば田中先生を「田中」と言ったら、
張り倒されるかもしれませんね。

 

英会話スクールで、先生のことをファーストネームで言うのに
最初は、抵抗がありました。

 

クラブの先輩にも呼びつけで名前を言ったら、
怒られてしまいますね。

 

長幼の順が厳しい日本では、敬称は大切です。

 

でもアメリカでも丁寧な言葉がないかと言えば、
そうではありません。

 

丁寧な言葉は、あります。

 

何か欲しい時に、
I want〜 より
I would like〜
の方が丁寧になります。

 

I want a cup of coffee.
よりも
I would like a cup of coffee.
の方が良いですね。

 

このような言葉が、いくつかあります。

 

Will you open the door?
よりも
Would you open the door?
の方が丁寧ですね。

 

丁寧な言葉を使うか使わないかは、
その場の友人や雰囲気によります。

 

これは、日本でも同じですね。

 

でも日本人が海外に行って特別な友人関係になれば別ですが、
普段は丁寧な言葉を使った方が良いようです。

 

片言の英語でなんとか話せるような時では、
あまり気にしなくても良いようですが、
言葉が話せるようになったら気を付けた方が良いでしょう。

 

日本にいる外国の方でも、同じだと思います。

 

まだ片言の日本語で、「ペンを貸せ」と言ったら、
日本語を覚えたてなのかなと思ってペンを貸してあげますが、
流暢な日本語で言われたら嫌な気分になりますね。

 

言葉を覚えていくと同時に丁寧な言葉で
話すようにした方が良いと思います。

 

ビジネスに使うなら、尚更大人としての言葉を使うべきですね。

 

このような言葉使いは、オンライン英会話のネイティブの講師から、
ぜひ教わってみてください。

 

 

 

 

 

 

<<おススメのオンライン英会話はこちら>>

 

 

 

 

 

 

 

 

君津市  新日鐵住金君津製鐵所
オンライン英会話 ネイティブ
新日鐵住金君津製鐵所は、木更津港に面する君津市にあり、敷地面積が東京ドームの約220個分と言われる程の広大な面積を有した製鉄工場です。新日本製鉄と住友金属が統合し、「総合力世界No1の鉄鋼メーカー」を目指しています。「大地の子」や「華麗なる一族」のロケ地にもなりました。