英会話 蕨

蕨市は、埼玉県の南東側にある市で、
人口が約7万4千人となっています。

 

市内の町工場には、外国人の労働者が
少なからず働いています。

 

外国人が日本語を知っていれば、意思疎通ができるのですが、
日本を初めて訪れた状況下では、なかなか難しいですね。

 

外国人は、アジアの方であっても英語ができる方が多いのです。
一緒に仕事をする上では、日本人も英語ができると便利です。

 

英会話を学習するのであれば、ネイティブの講師のいる
オンライン英会話はいかがでしょう。

 

ネイティブは、世界のいずれの地域でも通じる英会話を
教えてくれるからです。

 

ところで、私には大きな夢があります。

 

今勉強している書道を海外の人にも、
教えてあげたいという事です。

 

私たちの周りには多くの美術品があります。

 

中でも絵画は、人の心を和ませてくれます。
歴史的にも多くの偉大な画家が、絵画を残しています。

 

私たちは美術館に足を運んで、その絵を見ます。
世界的な名画が来た時は、美術館には長蛇の列ができます。
私も、何度も並んで絵画を見ています。

 

ほとんど、油絵が多いのではないでしょうか。
色合いの美しさは、絵画ならではですね。

 

オンライン英会話 ネイティブ
でも私は日本の黒と白の墨の世界も、
魅力を感じています。
色がない、独特の世界です。

 

音も色もない、静寂だけがあります。
しかも絵画では何度も何度も1枚のキャンバスに
塗っていきますが、書は1回限りの勝負です。

 

たった1回限りの世界です。
もちろんそこへ行くまでに、何度も何度も練習していきます。
日々練習と言っても、良いですね。

 

またこの墨独特の香りが、良いのです。

 

今は墨液などすでに擦ってある墨を使うことが多いのですが、
やはり丁寧に擦っていくのが一番です。
墨の濃淡も、墨のすり具合で調節ができます。

 

墨を擦るという作業も、心が落ち着きます。

 

1本の筆で、線の太く力強いところから繊細な線まで、
表すこともできます。

 

この繊細な墨の世界が、好きなのです。

 

これを海外の方にも教えてあげたいな、と思います。
どんな方法が良いのか、いろいろと考えています。

 

日本に観光に来た方などに、
ちょっと体験できるようなコースも良いと思いますし、
ちょっとした色紙や扇子に書で書いてあげるのも良いと思います。

 

そのために今は、オンライン英会話で勉強しています。
言葉が通じなければ、自分の思いが伝えられませんね。

 

そのためにもオンライン英会話でのレッスンは、大切です。

 

書を海外の人に知ってもらいたいという思いから、
英会話を習っていますので楽しく学べます。

 

目的があると、人からは大変と思われるような事でも、
あまり苦になりませんね。

 

もう少し書道の勉強も続けうまくなった頃には、
英会話も上達しているのではないかなと思います。

 

私の習っているオンライン英会話をご紹介します。
ぜひ、お試ししてみてください。

 

 

 

 

 

 

<<おススメのオンライン英会話はこちら>>

 

 

 

 

 

 

 

 

蕨市    和樂備神社例大祭

 

和樂備神社は、蕨城に居た渋川義鏡が造ったと伝えられています。明治時代に蕨宿にあった18社を合祀し、和樂備神社と改称したそうです。お祭りは、毎年10月に盛大に開催されます。神輿や山車が、和樂備神社近辺を中心に練り歩きます。ぜひ見学してみてください。