オンライン英会話 ネイティブ講師 八街市

八街市は、千葉県のほぼ真ん中あたり
にある市です。

 

人口は、約6万9千人となっています。

 

八街市は、落花生が有名で、
日本一の生産高を誇っています。

 

成田国際空港の10q圏内にあり、
佐倉市、東金市、千葉市、山武市と
隣接しています。

 

八街市は内陸にあるため、冬には冷え込みが激しく、
春になると風によって砂ぼこりが起きやすい、
と言った気候的な特徴を持っています。

 

交通機関として、東日本旅客鉄道の総武本線が通っており、
市民の大切な移動手段となっています。

 

英会話スクールは、その総武本線八街駅の周辺に、
成人向けのスクールと、子供向けの英会話教室が複数校点在しています。

 

市内では行事が多く、
1月には八街市ピーナッツ駅伝大会、
2月には八街市ロードレース大会、5月には八街市民音楽祭、

 

8月には八街ふれあい夏まつり、10月には榎戸獅子舞奉納、
11月には八街大祭、と続きますので、ぜひ参加されることをおすすめします。

 

1980年代になって、人口が急激に増加しました。
そのため、全国平均の人口構成と比較して、
中学生、高校生と50歳代が多いという特徴を持っています。

 

市内には、小学校が8校、中学校が4校、
そして、八街高等学校と千葉黎明高等学校があります。

 

現在、学校では英語学習活動の活発化が図られています。

 

将来を担う子供達に、世界の中で活躍してもらいたいとの、
願いが込められているのでしょう。

 

生徒さんの中には、ネイティブの先生と1 to 1の英会話レッスンを
希望する方もいるでしょう。

 

そのような生徒の皆さんには、オンライン英会話をおすすめします。

 

オンライン英会話であれば、八街市の何処からでも、
英会話レッスンができるからです。

 

ところで、どの様なことをするにしても、
「継続は力なり」という言葉がありますが、
本当にそう思いますね。

 

私は、子供たちのために英語塾を開いています。
子供達も入ってきた時は、やる気があるように見えます。

 

親から言われて入ってきた子でも、
最初は珍しいのか頑張っています。

 

言われた事も、注意された事も、
気をつけながら勉強しています。

 

こうして勉強していると、
成績は確実に上がってきます。

 

でも途中で、飽きてしまう子がいます。

 

入試でもしない子は、
毎日の勉強は退屈になるのでしょうか。

 

飽きると、辞めてしまいます。

 

もう少し頑張れば、更に上のクラスに行くのにと、
残念に思います。

 

友人にピアノの先生がいますが、
同じように言います。
「面白くないとすぐに辞めてしまう」

 

練習は、面白いことばかりではありません。
ピアノ発表会で、人前で弾くまでには、
かなりの練習をしなければなりません。

 

この大変な時期をいかに乗り切り、
継続するかが大切です。

 

 

私は英会話を勉強していますが、
英会話も全く同じですね。

 

英会話を始めたころはとても魅力的で、
必死に勉強しました。
海外のネイティブの方と、お話しできるのですから。

 

1年くらいは順調に勉強しても、
必ず中だるみの時期が来ます。

 

モチベーションが、下がってしまいます。

 

ネイティブと、何となく話せるようになった頃です。
この辺で、壁を感じるのです。
これ以上は上手にならない、という思いになります。

 

私は流暢な英会話なんて話せるようにならないと、
感じてしまいます。

 

壁に当たると仕事でも使わない限り、
習っているのがつまらなくなってしまいます。

 

この辺で多くの人が、辞めてしまうのです。
ピアノも、同じです。

 

オンライン英会話 ネイティブ
この壁を乗り切ると、
急に明るい道が見えたりするのです。

 

ここで辞めないで、とにかく継続することです。
「継続は力なり」
という言葉を信じてとにかく続けてください。

 

こんな時は、気分転換がおススメです。
私は英会話を勉強して、
英会話で仕事をしている人の本などをよく読んでいます。

 

私も今はつらいけど、
勉強してこの人のようになりたいとモチベーションを高めるのです。

 

続けるために便利なネイティブの先生のいるオンライン英会話を、
紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

 

<<おススメのオンライン英会話はこちら>>

 

 

 

 

 

 

 

 

八街市     八街産落花生

 

八街市に落花生が導入されたのは、明治時代で、八街は周辺の土壌が育成に最適と言われ、大正初期には特産地となりました。戦後、日本一の生産を誇り、この頃から「八街の落花生」が知られるようになりました。現在では、八街の落花生は日本一と言われています。