オンライン英会話 北斗

オンライン英会話

北斗市は、北海道の南部にあり、
函館湾に面した街です。

 

人口は、約47,000人となっています。

 

英会話教室は、市内に数校ありますが、
函館市には多くの英会話スクールがありますので、
函館市まで通っている方がいるかもしれません。

 

北斗市は、第1次産業が主な産業となっていますが、
第2次産業も明治の時代から続いています。

 

大手セメント会社の工場、石油関連工場、食品機械製作工場、
プロパンガスを主な製品とするエネルギー販売会社、
網製品の製造販売会社などがあります。

 

これらの会社の従業員の中には、
海外拠点との連絡に英語を使っている方もいると思います。

 

海外出張に行く方もいると思いますが、
コミュニケーションの手段は英会話となるでしょう。

 

英会話を必要とする方には、ネイティブの先生のいる
オンライン英会話をおすすめします。

 

オンライン英会話なら、寒い冬の季節でも工場内や自宅で、
インターネットにつながったパソコンさえあれば、
英会話レッスンができるからです。

 

また、観光業を営む方にとっても、北海道新幹線の新函館北斗駅があるため、
北海道の玄関となっている地の利を生かすことができるのです。

 

外国人の北海道ツアーは、今ではブームになっていますので、
外国人の北海道ツアーの起点である北斗市、函館市地域の観光関係者は、
英会話ができると外国人に喜ばれると思います。

 

英会話を学ぶなら、オンライン英会話をおすすめします。
商売のためのビジネス英会話を、格安で学べるからです。

 

一方、北斗市には、小学校が特認校を含めて11校、中学校が5校、
高等学校として上磯高等学校、函館水産高等学校、大野農業高等学校
の3校があります。

 

小学校では、5年生、6年生になると英語は科目となるので、
担任の先生は、生徒達の英語力を評価しなければなりません。

 

また、中学校と高等学校の英語担当の教師は、
英語の授業は英語で教える方針が、文部科学省から打ち出されています。

 

そのため、英検準1級に合格することが求められているのです。

 

これらの英語の授業の高度化を目指して、
教師の方々は、自己研鑽を求められています。

 

県によっては、英語の教え方を学ぶために、
海外での研修をするケースも出てきています。

 

しかしながら、自己研修をするのであれば、
大きな出費は避けたいところでしょう。

 

そこで、学校の教師の方々には、ネイティブの先生のいる
オンライン英会話をおすすめします。

 

海外に在住する英語教育資格を持ったネイティブの先生と、
低料金で質の高い英会話が受けられるからです。

 

 

 

 

<<おススメのオンライン英会話はこちら>>

 

 

北斗市  灯台の聖母トラピスト大修道
 オンライン英会話 ネイティブ
1896年に9名の修道士が来日し、北斗市渡島当別の原野に11月21日に修道院が開院しました。特に道南の酪農や農耕の発展に寄与し、1902年にオランダからホルスタイン乳牛を輸入の酪農の発祥地となりました。現在の建物は赤レンガでゴシック風のシンメトリー状で美しいものです。