オンライン英会話 天童

オンライン英会話

天童市は、山形県の東部にある市です。
人口は、約62,000人となっています。

 

山形盆地内にあり、
街は平坦な地域にあります。

 

市は、乱川や立谷川、最上川によって
隣の市と接しています。

 

近年は、山形市のベットタウンとして、
発展してきました。

 

通学式の英会話教室は、
山形新幹線の天童駅を囲む街の中に、
子供から成人までを対象とした英会話スクールと
キッズ英会話教室が多数あります。

 

特産品には、将棋の駒、木工家具、
サクランボ、左馬の置物があります。

 

市内には、国の史跡となっている西沼田遺跡や、
国の重要文化財となっている若松寺観音堂があります。

 

また美術館や博物館も多く、
天童市美術館を初め、広重美術館、出羽桜美術館、
天童市将棋資料館、天童オルゴール博物館、旧東村山郡役所資料館、
があります。

 

観光には、天童城跡の舞鶴山、建勲神社、若松寺、格知学舎や、
天童桜祭りの人間将棋、山形国際ジャズフェスティバルin天童、
平成鍋合戦、も楽しいイベントとなっています。

 

それらの中で何と言っても、
天童市と言えば、将棋の駒と温泉でしょうか。

 

将棋の駒は、全国の生産量の9割が天童市で作られており、
高級品はツゲの木から作られます。

 

天童市将棋資料館がありますので、
行ってみると将棋に関していろいろな事が分かるでしょう。

 

天童市の駒は世界的に有名ですので、
東北を観光する外国人は、必ずや天童市を訪れるでしょう。

 

また、天童市は温泉も有名です。
街の中に温泉宿が、いくつもあります。

 

外国人観光客は、天童市将棋資料館を見学した後、
温泉宿で1泊というのが1つのパターンでしょうか。

 

一方、天童市はニュージーランドのマールボロウ市とは、
姉妹都市となっています。

 

マールボロウ市では、
山形県で栽培量の多いサクランボやリンゴを生産しており、
その縁があって姉妹都市となりました。

 

天童市からは、
農業の後継者を海外研修のために派遣するなど、
市の活性化のための本格的な交流を行っています。

 

天童市を訪れる外国人へのおもてなしや、
マールボロウ市との交流のために、
英会話が必要となってくるでしょう。

 

ニュージーランドのネイティブと英語で交流するなら、
ネイティブの先生が在籍するオンライン英会話をおすすめします。

 

ネイティブとの交流には、ネイティブの先生から、
英会話レッスンを受けるのが最も良いと思うからです。

 

さて、市内には市立の小学校が12校、中学校が4校、
そして県立高校として天童高等学校、電波工業高等学校、
短期大学として、羽陽学園短期大学があります。

 

最近は、小学校から英語教育が始まり、中学校、高等学校では、
英語科目の授業では、全て英語による授業を目指しています。

 

このような学校の教育方針の改革を見て、保護者の方もお子さんの
英会話教育に熱心な方が増えてきています。

 

高校生になったら、大学進学を目指すにしろ、
社会に出て会社員になるにしろ、英会話の勉強が必要になってきています。

 

大学進学を目指す高校生は、2020年度から民間の英語検定試験の結果が、
合否判定に含まれるようになりました。

 

この英語検定試験には、英語のスピーキングテストが含まれています。
そのため、英会話の訓練は避けて通れなくなったからです。

 

一方、社会に出ることにした高校生にとっても、
グローバル化の波は就職先である会社にも及んできていますので、
英会話の勉強に励んでおくことにこしたことはありません。

 

これらの小学校から高校生の皆さんには、
格安のレッスン料金で英会話レッスンのできる、
オンライン英会話をおすすめします。

 

 

 

 

<<おススメのオンライン英会話はこちら>>

 

 

 

 

 

 

 

天童市  天童公園桜まつり
 オンライン英会話 ネイティブ
ある舞鶴山にある天童公園は、まちのシンボルとして市民に親しまれています。山頂の展望広場からは、月山や朝日連峰、最上川などが一望できます。また、舞鶴山は桜の名所としても知られ4月中旬の土・日にはおよそ2,000本の桜の下で、天童桜まつり「人間将棋」が行われます。