オンライン英会話、美唄

オンライン英会話

美唄市は、北海道の中央部にある市です。

 

市内には、子供英語教室を中心にして、
子供から成人までの英会話スクールを含めて、
いくつかのスクールがあります。

 

人口は約2万3千人で、
1970年代から比較すると減少しています。

 

しかし、市民は冬に雪が降っても元気一杯です。

 

市内には、東明工業団地や空知中核工業団地があり、
プラスチック関連企業や食品加工メーカーがあります。

 

そして、障害者を雇っている会社が多いのです。

 

町興しのために、美唄自然エネルギー研究会を立ち上げ、
雪の冷熱エネルギーを利用した雪冷房システムの技術開発をしています。
参加企業数は、実に80社以上あるのです。

 

また、美唄新産業創造研究会では、環境を考えたリサイクル方法、
エネルギーや健康、福祉分野の研究を行っています。

 

冬になると寒波の襲うカナダや、アメリカ東北部に居る研究者と技術交流を
されてみてはいかがでしょうか。

 

同じ環境にある技術先進国と交流をすれば、
必ずや技術的前進があると思います。

 

カナダやアメリカのネイティブとのコミュニケーションは、
英語を通してとなるでしょう。

 

交流を円滑に進めるために、ネイティブの先生のいるオンライン英会話で、
レッスンをされてみてはいかがでしょう。

 

きっと、交流のお役にたてると思います。

 

一方、学校は小学校が道立1校、市立5校、中学校は道立1校、
市立4校があります。

 

高等学校は、美唄聖華高等学校、美唄尚栄高等学校、美唄養護学校高等部
があります。

 

英語の授業に関して言えば、
冬にALT(英語指導助手)の先生が各学校を回るのは、
大変な苦労を伴うかもしれません。

 

しかし、大切なのは都会の子供達と教育環境に格差があってはならない、
ということです。

 

都会と同じレベルの英語教育を確固として実施していかなければなりません。

 

そのために、各学校と市の教育委員会は、
オンライン英会話を利用してみてはいかがでしょうか。

 

発音のきれいなネイティブの先生のレッスンを受けることができれば、
都会の子供達と同等の英語教育ができるはずです。

 

特に、高校生の場合は、英語教育に都会と格差があってはならないと思います。

 

大学進学を目指す高校生や、社会に出て会社に就職する高校生がいるでしょう。

 

大学を目指す高校生は、大学入試でスピーキングテストが2020年度から
課せられることが決まっています。

 

都会と同じ環境で英語のスピーキングのレッスンを受けられる機会を、
必ずや設ける義務が国にはあるはずです。

 

そのためにも、ネイティブの先生のいるオンライン英会話を
利用することをおすすめします。

 

 

 

 

<<おススメのオンライン英会話はこちら>>


 

 

 

美唄市   宮島沼
 オンライン英会話 ネイティブ
周囲3キロに満たない小さな沼ですが、世界でも有数マガンの飛来地として有名で春と秋の年2回、6万羽を越える、マガンがやってきます。日本で13番目のラムサール条約に登録され、国による保全が行われることになりました。