英会話 太宰府市

太宰府市は、福岡県の西寄りにある
人口約7万2千人の市です。

 

歴史の街ですので、観光名所が
数多くあり、観光都市となっています。

 

菅原道真を祀る大宰府天満宮を初め、
王城神社、竈門神社、衣掛天神、石穴神社、光明禅寺、

 

史跡として、
美しい日本の歴史的風土100選となっている大宰府政庁跡、
日本の100名城となっている大野城跡、水城跡、国分尼寺跡、
岩屋城跡、苅萱の関跡、般若寺跡、学校院跡、
観世音寺境内および子院跡附老司瓦窯跡、などがあります。

 

また、歴史を知るには、九州国立博物館、大宰府展示館、
太宰府館、アジア文化交流センター、文化ふれあい館、
がおすすめです。

 

催し物も1年を通してあり、
1月にはくらしのうつりかわり展、
2月には門前まつり、
3月にはルミナスフェスタ、
5月には春の祭典、
7月にはゆかたde太宰府〜古都の夏、
9月には太宰府古都の光
10月には太宰府市民政庁まつり、
11月には市民文化祭、
12月には観世音寺・戒壇院ライトアップ、
といった日程になっています。

 

日本に来た外国人が太宰府市を訪れたら、
観光ガイドの方は、英語での案内となるでしょう。

 

ガイドの方が、英会話を習うのなら、
オンライン英会話をおすすめします。

 

大宰府市のどこにいても、
英会話レッスンができるからです。

 

ところで私も英会話を勉強していますが、
なかなか話せるようになれませんね。

 

この頃は英会話の勉強をしている事を、
あまり話さないようにしています。

 

ちょっと、恥ずかしく思うようになりました。

 

英会話を勉強するというと、
まず英会話教室に通うという事が浮かびますね。

 

でも中には全く英会話教室に通わずに、
英会話をマスターする人がいます。

 

いわゆる独学で、ペラペラ話せるという人です。
凄いですよね。

 

あまりに流暢な英語を話すので、
どちらに留学したのですかと聞くと、
一度も海外に行ったこともないなどと言われて、
びっくりすることもあります。

 

英会話をペラペラにするというのは、
本当に大変なことなのです。

 

それを、独学でするのですからね。
感心します。

 

良くそういった人の話を聞くと、勉強はすごいですね。
1日に最低2,3時間は、勉強しているようです。

 

そして先生がいないのですから、
自分が英会話マスターまでの
スケジュールを作り実行します。

 

英会話スクールに行っていると、
翌日の予習すらやらないようなこともあるでしょうが、
独学は先生がいないのですから、
とにかく自分で頑張るようです。

 

独学で学ぼうとする人は、覚悟が違います。

 

独学のメリットは、
何といってもコストがかからないという事ですね。

 

簡単な本は購入するかもしれませんが、
携帯のアプリなどを利用すれば、
ほとんどお金はかからないかもしれません。

 

通学式のスクールでしたら、何十万もかかりますからね。
これがほとんどかからないとすれば、本当に安いです。

 

また自分の思い通りの内容、
スケジュールが組めることですね。

 

英会話スクールはグループレッスンであったりすると、
同じ内容を勉強していきます。

 

このフレーズは絶対に使わないだろうと思っても、
テキストに沿って学ばなければなりません。
これでは、モチベーションが落ちてしまいますよね。

 

独学でしたら、自分の学びたいフレーズばかりを学べます。
独学の良いところですね。

 

自分が学びたいところを、自分のやりたいように勉強する。
これが、モチベーションになっているのですね。

 

独学で勉強するのは、本当にすごいなと思います。
でもやればやれないことも、ないようです。

 

いかに自分のモチベ―ションを持ち続けるか、ですね。

 

やはりかなり強固な目標があると、頑張れるかなと思います。

 

例えば留学する前にある程度の基礎の英会話力を取りたいとか、
目の前に海外出張が迫っているとか、あると違いますね。

 

私もこれからはお金をかけないで
独学で勉強をしてみるのもいいかな、と感じています。

 

でも間違ったことを覚えてしまってはいけませんから、
必ずネイティブにチェックしてもらうのは、大切だと思います。

 

それには、オンライン英会話が良いと思います。
料金が安いですし、自由な時間にできますから、
独学の人にはあっていますね。

 

 

 

 

 

 

 


≪おススメのオンライン英会話こちら≫

 

 

 

 

 

 

 

太宰府市 太宰府天満宮

 

オンライン英会話 ビジネス

学問の神様といわれる菅原道真を祭神として祀る天満宮の一つです。

 

初詣には日本全国から毎年200万人以上の参詣者がありますが、受験合格や学業成就などを祈願する参拝者で、年中にぎわっています。

 

境内には約6,000本もの梅が植わり、2月上旬から3月中旬になると、綺麗に咲きほこります。