オンライン英会話 ネイティブ講師 格安

ピコ太郎さんに学ぶ英会話習得術

今やピコ太郎さんといえば世界中で名を知られた芸人ですね。

 

「PPAP」というI have a pen.の歌を1日に何度もテレビで流れています。
この意味不明の曲なのですが耳に残りますね。

 

今年の忘年会ではいろいろなところで歌われるのではないでしょうか。
すでにぴこ太郎さんのあの派手な衣装は在庫がないほど売れているということです。

 

これから忘年会にピコ太郎さんの芸を披露しようとすれば、
衣装は早めに注文しておいた方がいいようですよ。

 

このピコ太郎さんの「PPAP」の歌が全米ビルボード・ソング・チャートの
トップ100入りしているのですから驚きです。

 

また全米ビルボード・ソング・チャートの中でも世界最短曲でなった曲としてギネス世界記録だというのですからまたすごいですね。

 

しかもなんとも怪しい雰囲気のおじさんに、怪しげな振り付けです。

 

言っているのもまた怪しげな英語です。

 

はっきり言って意味不明です。
ただ単に

 

 

I have a pen.

 

I have an apple.

 

Uh! Apple pen!

 

I have a pen.

 

I have a pineapple.

 

Uh! Pineapple pen!

 

とだけ言っているだけです。
この単純な言葉を繰り返すことが受けたのでしょうね。

 

小学生の子供まで体をふりふり 
I have a pen. 
I have a pineapple.
Uh! Pineapple pen!

 

を言っています。すでに自分の言葉になっています。

 

でもここに英会話習得の秘密があるって思いませんか。

 

英会話を学んでもなかなか習得は難しいですね。なぜでしょうか。

 

それはずばり勉強が足りないのです。

 

音読が英会話習得には1番良いとされていますが
何回くらい音読をすればよいでしょうか?

 

3回? 10回? 30回?
いいえまだまだ足りません。
音読の神様 国弘正雄氏によると なんと500回だそうです。

 

500回とは言わなくてもこのくらいの勉強が必要なのです。

 

ピコ太郎さんの
I have a pen. 
I have a pineapple.
Uh! Pineapple pen!
きっと100回くらいは言っているのではないでしょうか。

 

このくらいアウトプットしていると
口から自然に英語が出てくるようになるのです。

 

 

 

 

 

<<おススメのネイティブ講師のオンライン英会話スクールはこちら>>