オンライン英会話 発音

発音が大切と聞きますが本当ですか?

発音にどのくらい注意して学んでいますか?

 

「発音や文法などを気にしないでどんどん話しましょう。」とか

 

「日本人は発音を気にしすぎます。」
というような事が言われていますがどうでしょうか。

 

これは話さないよりは、話した方がいいですよということで発音は大切ではないということではありません。

 

あまり気にしすぎることはありませんが、発音はやはり大切です。

 

特にビジネスに使うのでしたら正しい発音の英会話ができるビジネスマンかどうかで信用度が違います。

 

発音が違うと意味が何を言っているのか分からなかったり、
また、笑われてしまうこともあります。

 

日本の英会話スクールでは通じていたのに
海外では全然通じ無かったという話はよく聞きますね。

 

これは日本にいるネイティブ講師が優しいからです。

 

少しくらい生徒の発音が違っても、生徒が何を言っているのか
推し測ってくれて会話を進めてくれるからです。

 

こんなレッスンになれてしまうと
海外では通じなかったということになるのです。

 

日本語の中で、カタカナ英語で定着してしまった
単語ほど外国で通じません。

 

海外に行ってマクドナルドに行こうと思い

「マクドナルド」と道を尋ねても通じません。

 

「マクドナルド」ではなく「ミクダーナルス」
ミクをはやくし、ダにアクセントを置き強く言わないとわかりません。

 

そこでホットドッグを注文するにも
「ホットドッグ」ではわからないですね。

 

「ハッダッ」「ハ」と「ダ」にアクセントをします。

 

外国の方が日本語の発音が違ったらわからないと同じです。

 

私が東京の街を歩いていた時に外国の観光客に道を聞かれました。

 

「キョキョ、キョキョ」といいますがどこだかさっぱりわかりませんでした。

 

持っているガイドブックを見せてもらって初めて「皇居」のことだとわかりました。

 

また海外に行った時に現地の通訳の方の日本語の発音がいまいちの上に早く話される方の時は本当にわかりづらかったですね。

 

発音はやはりとても大切です。

 

特にビジネスで使うとなれば正しい発音をマスターしなければ
仕事に通用しないと言ってもよいでしょう。

 

そのためには発音はやはりネイティブ講師に指導してもらうのが一番です。

 

特に自分の苦手な発音や間違った発音をその都度指摘指導もらい矯正していくのが良いですね。

 

 

 

 

 

 

<<おススメのオンライン英会話はこちら>>